何に問題があるの?仕事にやりがいがない理由

やりがいない

毎日の仕事にやりがいを感じることができないという人も、多いことでしょう。やりがいを感じながら生き生きと仕事をすることができるようになるには、一体どうすれば良いのかということをこの記事では紹介していきます。

やりがいがないのは仕事選びを間違えたせい?

たとえ給料の良さが魅力で就いた仕事であっても、自分自身の性格と合わない仕事内容であれば、ただ単に辛い日々が続くだけになってしまうことでしょう。そうであれば、仕事にやりがいを感じることはできません。

このまま仕事を続けていてもつまらないと感じるばかりで仕事に対するやる気を失ってしまい、何のために働いているのか分からなくなったり、仕事のことを考えただけで憂鬱になってしまったりすれば、仕事に対して苦痛を感じるだけになってしまうでしょう。

せっかく転職をしても、以前の職場で身につけた知識やスキルをまったく生かすことができずに、落ち込む毎日を過ごしている人もいるかもしれません。そうであれば、毎日の仕事にやりがいを感じることはできないでしょう。また、自分自身が苦手なことを仕事にしている場合も同様です。人と接することが苦手なのにも関わらず接客業に就いてしまっている場合には、その苦手意識を仕事の中で克服することができれば良いですが、反対にますます仕事が苦痛になってしまって悪循環に陥ってしまうということもあるかもしれません。苦手な仕事をしているがゆえに仕事中にもミスを連発してしまい、同僚や先輩たちに迷惑をかける日々になってしまうと、プレッシャーや情けない気持ちでいっぱいになり、ストレスを感じるばかりです。

ストレスで身体を壊しそうになるまで、自分の性格に合っていない仕事にこだわる必要はないでしょう。

将来に希望がないからやりがいもない

もしも現在の職場が、昇給や昇格もないうえにボーナスも出ないという職場であれば、どう思うでしょう。また、経営状態が悪くて将来的にこの会社は倒産しそうだということであれば、そのまま仕事を続けるよりも、自分自身の身の安全のことを考えて転職をすることを考えるかもしれません。

その仕事に将来性が有るか否かということは、やはりやりがいにつながります。将来性や希望がまったくない職場では、生き生きと仕事をすることは難しいでしょう。希望も何もない状態であれば、将来への不安をかかえながら仕事をしなくてはならなくなるかもしれません。そうなってしまっては、何をするにもやる気を失ってしまうことでしょう。やりがいというものは日常生活のスパイスとなるので、やはりとても大切だと言えます。

誰かの役に立っている感覚がないのかも

自分がしている仕事が誰かの役に立っているということを実感することができているのであれば、やりがいを感じながら生き生きと仕事をすることができるでしょう。反対に、この仕事は一体誰の役に立っているのだろうという疑問ばかりが出るようであれば、働く意味が分からなくなってしまうものです。

日々自分自身が行っている仕事が誰かの役に立っているということが実感できたり、また、誰かに「ありがとう」と言ってもらうことができたりした場合には、これからもその人のために頑張って仕事をしようという気持ちが持てるようになり、仕事に対してやりがいを感じることができます。

しかし、どんな仕事であっても、誰かの役に立っているものです。人の役に立っていない仕事など無いと言えます。ただ、自分自身が人の役に立つことができているという実感を得ることができているかどうかという問題なのです。大事なのは、自分自身が人の役に立っているという実感が得られるような仕事に就くということです。

生きがいがないからやりがいもない

仕事に関してやりがいを感じることができないうえに、プライベートでも何の趣味や楽しみがないという人は生きがいがないと言えるでしょう。もしも仕事にやりがいが無かったとしても、仕事が終わった後や休日には楽しいことがあるということであれば、仕事も頑張れるかもしれません。

仕事でもプライベートでも、何かしらの楽しみや生きがいを持つということは大切なことです。毎日の生活の中にうるおいを持たせ、メリハリをつけましょう。そうすることによって、毎日を生き生きと過ごせるようになると思われます。何も生きがいが無い状態が続けば、自分自身も何の面白みも無い人間になってしまう可能性があります。そうならないように、仕事に対するやりがいやプライベートでの楽しみや趣味などを探すと良いでしょう。

仕事にやりがいを感じるためにすべきこと

仕事にやりがいが無いからと言ってふてくされていたり、仕事から逃げていたりしても、やりがいを感じることはできません。何故、自分はこの仕事にやりがいを感じることができないのかという理由を明確にしましょう。理由が分からないままに転職をしたとしても、次の仕事でもまた同じことを繰り返してしまう可能性があるからです。

自分自身が行っている仕事に対して精いっぱい取り組みながらも、どうすればさらに効率よく仕事を進めることができるのかという提案をしたり、新しいアイディアを出したりすることを続ければ、やりがいは徐々に生まれてくることでしょう。

やりがいない