そのダイエットは大丈夫!? 逆に太ってしまう大間違いダイエット法4つ

ダイエットをがんばっている女子の皆さん、そのダイエット法、ちゃんと効果が出ていますか? 「なかなか痩せない」「リバウンドしてしまう」「逆に太った!」なんてお悩みの人、そのダイエット法、間違っているかもしれません。

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルスが“太るダイエット”に関するレポートをmicrodiet.netに公開しました。以下に当てはまっていないか、チェックしてみてください!

1. 糖質(炭水化物)抜きダイエット

効果が出るのが早く、今最も人気のあるダイエット法ともいえる『糖質制限ダイエット』『炭水化物抜きダイエット』。主食であるお米やパンなどをできる限り食べないようにするというダイエット法ですが、実はこのダイエット法、多くの危険性が潜んでいるのだそう。

まず、体に必要な3大栄養素のひとつである炭水化物(糖質)を大きく減らしてしまうと、体力や代謝、集中力の低下、疲労感、ダイエット臭(ケトン臭)という口臭や体臭がするなど様々な弊害が起こります。そして、止めてしまうと、途端にリバウンドしてしまうことが非常によくあるパターンです。痩せて、リバウンドして……と体重の増減を繰り返すと、少しの量でも太りやすく、さらに痩せにくい体質となってしまいます。

糖質を完全に抜くのではなく、夕食の主食を控えめにして、パンよりお米を食べるようにしましょう。白米ではなく、雑穀米や玄米にすることで、ダイエットに必須の食物繊維やミネラルをたっぷり摂ることができます。

2. サラダなら何でもモリモリ食べる

肉より野菜。サラダをたっぷり食べるのはダイエットの定番ですね。しかし、サラダには太るサラダと痩せるサラダがあります。太るサラダは、ポテトサラダ・かぼちゃサラダ・春雨サラダ・マカロニサラダ・ツナサラダ・コーンサラダなどがあげられます。いずれもサラダといえど糖質+脂肪の太りやすい組み合わせのものばかり。箸休め程度の量ならいいのですが、モリモリ食べてしまうとダイエットどころか太ってしまうそうです。

それから気を付けてほしいのが、サラダによく入れる、レタスやトマトなどの生野菜。これらの生野菜は体を冷やしやすいので、温野菜も取り入れるようにしましょう。ブロッコリー・アスパラガス・キャベツなどが温野菜にぴったり。少ない水で蒸し煮にして、ビタミンの流失を最小限に抑えるのもポイントとのこと。

また、サラダにかけるドレッシングは高カロリーなマヨネーズ・シーザー・サウザン・ごまなどではなく、オリーブオイルやアマニ油などのヘルシーオイルを使って手作りするのがベストです。

3.太りそうだから肉を食べない

肉はダイエットの大敵!と思われがちですが、そんなことないんです。脂身の多い揚げ物の肉はダメですが、赤身の肉や脂肪を取り除いた鶏肉は、ダイエットのために食べるべきお肉!

お肉にはダイエットに必須のタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は筋肉や内臓、血液など体を作る元となる基本成分の一つなので、不足すると体の筋肉量が減少し、運動しなくても生命維持のために自動的に体で消費されるエネルギー(=基礎代謝量)が落ちて、痩せにくい体になる原因となります。それだけでなく、肌の潤いやハリを保つコラーゲンの原料となるのもタンパク質。美肌を作るためにも欠かせないのです。

また、お肉には体に吸収されやすい鉄分や、血液の合成をサポートするビタミンB12も含まれます。ビタミンB12は動物性食品に多く含まれ、野菜や果物ではほとんど摂取できません。お肉を食べないでいると貧血になりやすくなってしまいます。

4. ゼロカロリーや糖質オフの食べ物・飲み物

「ゼロカロリー、糖質オフだからOK!」と油断してしまいがちですが、それはアウトです。カロリーは確かにかなり低いのですが、こうした食品の多くは、砂糖の代わりに人工甘味料が使われています。

人工甘味料の代表的なものは、アスパルテーム、アセスルファムK(カリウム)、スクラロースなど。米ハーバード大学・テキサス大学・パデュー大学などによると、こうした人工甘味料は砂糖以上に太りやすく、さらに中毒性があり、腎臓への悪影響まであるという研究結果が発表されているのです。人工甘味料の人体への影響は未知の部分がまだまだあるので、なるべく自然のものを口にしたいところですね。

いかがでしたか? ダイエットをがんばっているつもりが逆に太りやすい体を作っていたとしたら、かなりショックですよね。極端な方法は避けて、バランスのとれたヘルシーな食事と運動という正攻法が、最も成功率が高いダイエット法のようです。

 

■microdiet.net

https://microdiet.net/