あなたもいつか貯められる!貯蓄1000万円を貯めた人がやっている方法!

貯蓄1000万円

たくさんお金を稼いでいても、いつの間にか残高がなくなっていたり、なかなか貯金ができないという人はいませんか?

つまり、貯金をすることと、収入が多いことは比例しないということなのです。今回は、いますぐ始められる「貯蓄1000万円を目標に貯める方法」を紹介します!

しっかり貯めよう!効率よく貯蓄をするための3つの方法

「使う前貯蓄」をしよう

「使う前貯蓄」とは、毎月の収入から先に貯蓄に回す分のいくらかのお金を引いて、残りのお金で生活費に充てるという方法です。

この方法の良いところは、残りのお金で生活をできるので、「貯金のためにお金を残さなければ」ということがありません。自分で引き下ろすのが手間であれば、銀行の自動積立定期預金などを使うと勝手に引かれるので便利です。貯金の額は人それぞれ。暮らしに差し障らないくらいの額から始めるのがおススメです!

家計簿を付けて支出をコントロールしよう

「家計簿」をつけることは、支出をコントロールすることに非常に役に立ちます。

レシートは捨ててしまうという人もいますが、あまり好ましくありません。レシートを取っておいて家計簿を付けると、使ったら使った分だけ、今どのくらい手元にあり、そしてないのかを目で判断できます。可視化された情報というのは非常に明確なので、お金の使い方の自認もできます。

収入と支出のバランスがとれていなくて、赤字が多いとどこかに確実に無駄があります。例えば、コンビニでお菓子を買いすぎていたり、食費を使いすぎていたり。もしかしたら娯楽費にかけすぎなのかもしれません。

また、臨時収入が入ったとたんに使ってしまう人もいます。ですが、その収入があるということは、臨時の支出(病院代、ご祝儀、見舞金など)もある可能性だってあります。

もちろん、すべてを貯めておく必要はありませんが、少しでも取っておくようにした方が、後々楽になるので、考えて使うようにしましょう。

貯金口座は通常口座と分けて管理しよう

人間というのは、いかに自分を律することができるタイプの人であっても、どうしても「使える」と思えばついその甘美な誘惑に負けてしまうもの……。貯金分の口座は、ある程度たまったら定期預金口座などに預け替えをするといいでしょう。どうしてもそこから出さないといけないときだけ、解約しなくてはならないように。

中長期的な目標を持った貯金であれば、普通預金よりも金利が高い方がいいですしね。いつの間にかお金が貯まっていた……、ということもあるかもしれませんよ!

まとめ

貯金は継続的なモチベーション維持が本当に大切。ですが、あまりにも「貯めよう」という気持ちが大きすぎてストレスになってしまっては元も子もありません。無理ない金額で少しずつ貯金を始め、一カ月に使える限度額をしっかり定めて次の月に持ち越すくらいの気持ちでいれば、1000万円貯金もそう遠い話ではないかもしれませんよ。



貯蓄1000万円