35歳で転職するのは大変?成功のためのコツ

35歳 転職

転職の成功率は年齢によって大きく変化します。年齢が高くなればなるほど、未経験職種編転職は特に難しくなっていきます。
今回は、35歳の女性が転職する際に考えておくべきことや、成功するコツについて紹介してみようと思います。

「35歳転職限界説」とは?

世には、35歳転職限界説というものがあります。35歳が転職の限界の年齢であるという説です。ではどうして、35歳が転職の限界の年齢なのでしょうか。
35歳というのは、同業他社への転職はそれなりに有利な年齢です。一つの会社に勤め続けているとそれなりの役職についていますし、キャリアもあります。ですが、その逆の面も持ち合わせています。未経験転職への難しさです。
また、35歳を超えると求められる役割がかわってきます。 20代では社会人としての知識や能力を。30代になると、チームの中でのリーダー性やマネジメント観念を求められます。そんな中で、女性の未経験業種の転職は、どうしても困難になってしまうというのは分かりやすい事実でしょう。

35歳の転職に必要なのはモチベーション

未経験への転職や、キャリアチェンジをすることに対して成功するために必要なことは共通しています。モチベーションです。
モチベーションの高さは、イコールやりたいことに対してのポジティブな意思に繋がります。転職への強い意志を持っていることによって、「転職しなくては」「何とかしなくては」というようなネガティブな感情を持たないようになります。結果、転職によってお給料が減ったとしても、納得できるのです。
逆に、今の職場に不満があり、それが理由で転職する人は失敗してしまう確率が高くなっているようです。

35歳で未経験職種への転職を成功させるポイント

20代で転職するのは、若さゆえのポテンシャルの高さや能力値で評価されます。それに比べて30代になってしまうと未経験へのジョブチェンジは難しいものです。ですが、もちろん無理ではありません。
たとえ自分が今まで大手企業に勤めていたとしても、同じくらいの大手企業への転職は難しいことは覚悟してください。しかし今までの経験がすべて無駄になるわけではありません。
未経験職種への転職先として、年齢的に融通の利く中小企業や、年功序列の薄いベンチャー企業、人材を欲している新しい企業などは比較的年齢を気にしないことが多く、リーダーとしての能力値を買ってくれるので狙い目です。
給与体系は一度は下がってしまうでしょうが、その金額で何とか最初は頑張れるよう、貯金をしておくことも大切。最初から高いお給料を提示するところに勤めてしまうと、勤務内容が大変だったり休みが少なかったりと、結果的にはせっかく転職を決めたのにすぐにやめてしまうことになりかねません。何年か勤めれば、あなたの能力値に応じて、必ず給料は上がるはずです。

まとめ

35歳からの転職活動は、大変なことも多くめげてしまうこともあるでしょうが、その分、キャリアチェンジをするのであれば最後のチャンスとも言えます。
自分の未来のヴィジョンをしっかりと考え、あなたにとって最善の選択をしてくださいね。たとえ困難であっても、未来はあなたの意思次第で、必ず変えることができるはずです。



35歳 転職