isutaファンを増やし、いつかはしおたんのような人気ライターに!【「isuta」編集・ライター/佐藤杏樹さん】

佐藤杏樹

今回は、株式会社マッシュメディア運営の女性向けメデイア「isuta(イスタ)」の編集とライターをしている佐藤杏樹さんにインタビュー。大学時代の仲間の多くが出版社系に進む中で、ライターという道を選んだ理由や、仕事のやりがいなどについて聞いて来ました。

哲学×占いのページがサイトの人気コンテンツに!

女性向けメディア「isuta」というサイトの編集とライターをしています。以前は女性向けのスマートフォン情報サイト「iPhone女史」で女性向けのガジェットニュース、テック系ニュースを扱っていたので、そのサイトがisutaに統合した後も、引き続きアプリの開発者にインタビューしたり、新しく出るiPhoneを実際に使ってレビューしてみたりしながら記事を書いています。

 

女子大生から20代前半をターゲットにした成長中のサイトなので、ターゲットにどうリーチしていくか、 どう認知してもらえるようにするかというのを考えながらやっています。トライ&エラーを繰り返しながらやって行くのは、すでに流入元が確立しているメディアよりもやりがいがありますね。

 

例えば、1年ぐらい前に週間占いのページを作ったんですけど、それが意外とヒットしたんです。大学で哲学を学んでいたSUGARさんという占い師さんに書いていただいていて、生きるとは、人間とは、というところを絡ませてあるんですけど、それが意外と読まれていて。人気コンテンツになったのは嬉しかったですね。

 

Isuta週間占い:https://isuta.jp/horoscope

 

一方で、長所は短所でもあるので、誰もノウハウを持っていない中で自分たちでどうまとめてアウトプットするかを考えるのは、たまにキツイなと思うこともあります。もっと導いてくれる人が入って来ればもうちょっと楽なんだろうなと。ページビュー(PV)をお金に還元するっていうのが、なかなか一直線に結びつかないので、日々試行錯誤しながらやっています。

佐藤杏樹