どうしても尊敬できない!嫌な上司と仕事をしていくには

嫌な上司

尊敬できない上司や、嫌な上司はどんな職場にもいますよね。その上司が遠いところにいる場合はまだかわすことができるかもしれませんが、直属の上司だったりすると、仕事に支障が出るほどの悩みになってしまう場合も……。

もちろん、たくさんいる上司の中で全員がそうではないでしょうが、中には、尊敬できない上司もいるかと思います。そんな上司と上手に付き合って、気持ちよく仕事をする方法はないのでしょうか。

そこで今回は、嫌な上司に対する「対処法」を理解し、落ち込まずポジティブに仕事をする方法について解説していきます。

なぜ尊敬出来ない上司だと思ってしまうのか

上司には、実にいろいろなタイプがいます。

例えば、部下に対していちいち文句を言ったり、自分が上の立場であることを誇示したりする、口ばっかりで仕事ができない上司。

指示の内容がいつのまにか変わっていたり、言動が対処に困るような、後輩に仕事をまかせて自分は何もしない上司。

そして、常に威圧的な態度を取り、少しでも失敗するととにかく攻撃をしてくるというような、仕事はこなしているけれど、人間的に尊敬できない箇所があるという大変厄介な上司が、実際に多くいます。

このような上司たちを、部下が信頼することができるでしょうか?

尊敬出来ない上司に当たったら

上司に対して「尊敬できない」と感じたら、まずその上司に良いところはないか探すところから始めます。
もしかしたら、あなたに見えているのは、上司の悪いところだけかもしれません。もちろん、ダメな面しか見えないという事は、なかなか「良い面」はないとは思いますが、とにかくむりやりでも探してみましょう。その時に探すことは、性格がいいとか、優しいとことがあるとか、そんな大きなことではなく、どんなことでもいいのです。

字が綺麗だとか、ご飯を食べるのがきれいだとか、ゴミを拾ったとか、そんなほんの小さなことで良いのです。

尊敬できない嫌な上司と距離をおく方法

まずは「上司に好かれるようにしよう」とは思わず、淡々と仕事をして、成果を上げ、ミスをしないでいる事が何より有効です。

失敗をすると、上司からの怒りは避けられません。そうなると、上司との接触をすることになってしまい、イライラがお互いに募ってしまいます。

とにかく、上司が口を挟む余地がないほどにミスなく仕事をこなしていくのが、上司と距離を置く一番の方法なのです。

ただ、注意しなくてはいけないのは、ミスを犯してしまった時、その非についてはあなたがしっかりと認めること。それによって、周りからの評価が上がりますし、周囲が観ていてくれます。逆にパワハラやセクハラのような理不尽なことを言われた時は、毅然とした態度で対応しましょう。

まとめ

このように、やはり尊敬できない上司と言うのは往々に存在しています。

ですから、仮に尊敬できない上司に当たってしまっても、決して悲観視はしないでください。そのような上司にならないようにすればいいのです。反面教師として上司を見て、あなた自身が尊敬されるような上司になるようにしましょう。



嫌な上司