部下から突然の退職願い!どう対応してあげたらいい?

部下退職

「先輩。実はわたし、退職しようと思っているんです」。これは、人の上に立つものとして避けられない申し出の一つかもしれません。退職というのは、部下にとって人生に大きくかかわる決断ですが、上司にとっても、大きな出来事であることは間違いありません。
部下から「退職したい」という申し出を受けた時、どんな意識を持ち、どんな対処をするのが上司としてしなくてはならないことなのか、考察していこうと思います。

まずは部下の退職理由の本音を聞き出す

上司としてまずすべきなのが、退職理由の丁寧なヒアリング。
仕事を辞めたいと思う理由がポジティブな場合、例えば「成長のために別のステージでチャレンジしてみたい」、「本当にやりたい仕事が見つかった」というような場合は、気持ちよく送り出してあげるのが、上司としての務めでしょう。
しかし、職場の人間関係などに問題を抱えていたり、仕事に嫌気がさしたりと、ネガティブな理由での退職が圧倒的に多いのが実情。部下の心理を考えても、その場合は正直に理由を口にはしません。じっくりとヒアリングを行い、本当の退職理由をしっかり聞き出しましょう。

部下の退職理由の責任はどこに?今後のために考える

部下の退職理由が職場内の問題であることが判明した場合、自分以外のスタッフとの人間関係が理由で退職の意志を固めたとすれば、直接退職につながった原因は、そのスタッフにあります。しかし、上司である自分が、早くからその人間関係の問題に気づいて適切に対処できていたとしたら、部下は退職を決断しないで済んだかもしれませんよね。
また、「仕事が自分に合わない」というときも、自分が正しい指導をし、周りが十分なフォローをしてさえいれば、部下が仕事になじむこともできたかもしれません。
どんな場合であれ、一度は「謙虚な気持ちで」上司としての自分に非はなかったのか考え、退職を決意せざるをえなかったほど苦しんだ部下に、真摯に対応することが必要です。
もしあなたが直属の上司なら、「自分の責任なのでは」と考えてみれるかどうかで、「次」が来てしまうかどうかが決まります。

部下の退職までしっかり仕事をさせてあげる

部下にいくら残ってもらいたいと思ったとしても、本人の意志が固く翻意を促すことが出来ないと判断したら、できるだけ早い段階で了承しましょう。
その上で、退職するまで、部下を全力でフォローし、サポートするのが、上司としてのあるべき姿。辞めていく部下には冷たく当たってしまう上司もたくさんいますが、あなたはそうならないようにしてください。

まとめ

部下が辞めてしまうのはつらいこと。ですが、できるだけいい退職をさせてあげるのがいい上司です。
一番良いのは、部下にモチベーション高く日々の仕事を行なってもらい、「退職」をされないようにすることです。「いい上司」になって、日々のケアや、人をしっかり見て仕事をしていきましょうね!



部下退職