履歴書・職務経歴書作成方法、趣味特技の書き方も伝授!

イベント

未経験で不動産業界に転職はできるのか?必要な資格とは!

不動産業界と言えば、どの時代でも安定の業種。ですが、専門的な知識が必要そうなイメージもありますよね……。未経験で不動産業界で働くにはどんな準備をする必要があるのか、どのような資格があるといいのか? 今回はそこに焦点を絞ってみてみようと思います!

未経験者が不動産業界へ転職するのに必要な準備とは?

不動産業界への転職、宅建資格はやっぱり必要!

不動産業界へ転職するとはいっても、どのような準備が必要なのか分かりませんよね。
まず、家の知識についてですが、そちらはお仕事についてからでも実は十分に得ることができるのです。
ですが、やはり、宅建などの資格取得は必須のよう。理由は、家を売ったり買ったりする仕事に就くにあたっては、やはり知識は必ず必要だからです。不動産業界へ転職を検討している方は、まずはこの資格を取得するところから始まります。

宅建士資格があれば未経験でも不動産業界に転職できる?

不動産業界でも事務職であれば、宅建はいらないということもよく聞きますが、ですがやはり、宅建がベースとなる知識を有することが必要な不動産仕事はあるのは事実。それによって仕事の幅が増してきます。
資格がなくても転職は可能、かもしれませんが、資格があるかないかで明らかに仕事の内容が違うとなると、資格を取得している方が将来性も増しますよね。

未経験で不動産業界に挑む場合に確認すること!

会社の規模が第一のチェックポイント!

未経験者だと、やはり会社の規模が小さい所を選びがちですが、小規模な会社だと、雇用保険や金銭関係がしっかりしていないところが多く、働くにあたって余計なストレスを抱えることが多いそう。とくに出入りの激しい不動産業界ではしっかり規模を確認しましょう!

ステップアッププランを考えておく!

不動産業界に入ったら、長期的に働き続けるにあたり、自分なりの強みを磨いていく必要があります。不動産業界にもいくつかの業種があり、例えば「アパートを回って一軒家を買ってもらう不動産営業」や、「管理人としてマンションを経営する」仕事などがありますが、そのなかのどれに最終的になりたいのか。それは初めに調べ、そこに向かってどんな仕事に就かねばならないのか選択していく必要がありますね。

まとめ

不動産業界で働くことはやはりハードルが高いように思われますが、一度入ってしまえばそのあとはしっかり目標を据えられる安定したお仕事。
どういったキャリアを歩んでいくか、しっかり考えられる人であれば、未経験で不動産業界にチャレンジしても、その後も生き残っていくことができるはずです!