職務経歴書は手書き?パソコン?面接担当者にウケる書き方!

手書き

人事担当者への挨拶状とも言うべき「履歴書」、そして「職務経歴書」。

面接が通るかどうかの第一の関門、細心の注意を払って書かなければいけませんよね。そして、なにより、書類が通ってからも面接で好印象を与えられるような準備の一つという認識は大切。

今回は、そんな職務経歴書の書き方をガイドします。

職務経歴書の書き方、面接官に好印象を与えるには

そもそも職務経歴書と履歴書との違いって?

履歴書に書くのは基本的なあなたの情報。職歴や資格取得年合浦、扶養家族の有無など、最低限のことを漏らさずしっかり記載します。

それに対して職務経歴書には、現在まで経験してきた職歴の中から「どのような功績を上げたのか」「どのような経験をスキルとして身につけたのか」を具体的に書きます。職歴だけでは判断できない内容を記載することで、面接官に「この人に会ってみたい」と思わせる。それが職務経歴書なのです。

職務経歴書は手書きが良いの?パソコンが良いの?

これ、結構悩む人も多いのではないでしょうか?

実は、一般的に履歴書は「私文書」、職務経歴書は「ビジネス文書」に分類されています。履歴書は私文書なので、手書きでもOKですし、むしろ手書き推奨のところもあります。

ですが、ビジネス文書は基本的にはパソコンで作成しますので、職務経歴書の作成はパソコンを使うのが正解。形式などの指定がある場合もあるので、面接に伺う企業の情報をしっかり確認して書くようにしましょう。

パソコン作成のメリット2つ

PCならレイアウト調整がラク!

職務経歴書は、A4用紙1~2枚程度が適切。この量を手書きで書こうと思うと、必然的に文字数も増えます。その分字が汚くなったり、レイアウトが崩れてしまったり、もしくは間違えてしまったり……。採用担当者にとって、読みにくい文書は、親切とは言いにくいですよね。

WordやExcelなどを使用すれば、文章やフォント、改行、行間の調整などを自由に行うことができ、手書きよりも断然読みやすい職務経歴書になります。

一番重要? PC作成ならデータが残る!

いくつかの企業面接を受けるのであれば、志望企業ごとに職務経歴書を作成することになります。

その場合、手書きだと、一度提出してしまったら手元には残りません。コピーをして撮っておくこともできますが、ついつい忘れがち……。

他の企業に応募する場合、再びゼロから作成しなくてはなりません。

しかし、パソコンで作成すれば基本のデータは残るので、そのデータを残しつつ、企業ごとにカスタマイズすることで経歴書ができます。もちろん使いまわしはNGですが、時間削減にもなり、効率的!

まとめ

いくら上手にまとめられた職務経歴書だとしても、手書きというだけでマイナスイメージとなる場合もあります。もちろん、企業側から「直筆で」と指定がある場合は従うようにしましょう。それ以外の場合は、パソコンで作成することがオススメ!

職務経歴書で好印象を与えて、面接を有利に進めましょう!



手書き