【毎月開催】無料セミナー

セミナー

高学歴ワーキングプアとは?原因と対策、その課題

高学歴ワーキングプア

最近は景気が良くなってきているとはいえ、「ワーキングプア」いう働く貧困層、働いているにも関わらず貧困にあえいでいる人達が増えてきています。しかも、高学歴であっても、ワーキングプアになってしまう人も……。高学歴なのに、どうしてワーキングプアになってしまうのでしょうか。

もしかしてあなたも?ワーキングプアの生活

「ワーキングプア」とは、年収200万円以下の人のことを指します。

ボーナスも出ない契約社員、いつ期間が打ち切られるかわからない派遣社員、昇給が見込めないパートタイマーなどと言った人たちも、ワーキングプアとなっていくのです。

年収200万円というと手取りでは月15万円程。もちろん、フルタイムで一生懸命働いているにも関わらずです。しかもこの収入、アルバイトのものではなく正社員でも! しっかり働いているのにその収入では、都心部では生活が苦しいと言えますよね。

高学歴ワーキングプアが生まれてしまう原因は?

高学歴でいい大学や大学院を卒業したけれども、ワーキングプアになってしまう人達がいます。これは今や一つの社会問題になっており、日本の就職状況の現状に大きな影を落としているのが現状です。

今の日本の就職状況では、新卒で上手く就職できなければ、その後就職浪人や第二新卒などでの就職が難しくなっています。大学卒業に就職難であったことで就職浪人をしてしまったり、高学歴ゆえに大学院に進学した人が多く、その後いい就職先・希望の就職先が見つからなく妥協した企業に勤め、給料も高くなく、働いてもお金が入ってこなくなってしまう……というのが、高学歴ワーキングプアが生まれる大きな原因のようです。

そして実は「高学歴ワーキングプア」には女性が多く、文系の方が状況が厳しいと言われています。

高学歴ワーキングプア