年収の低い男性と結婚できる?できない?女性の本音を大暴露!

年収の低い男性

「彼、お金がなくって……」「でも結婚したいんでしょ?」「そうなんだよね」
お金がない結婚というのは、愛があったとしても、どうしても不安がつきもの。特に女性はリアリストが多いので、「自分より年収の低い相手と結婚できない」という思いになりがちです。ですが、実際にそんな男性と結婚している女性もいます。彼女たちの「結婚の決め手」は何だったのでしょうか。

「自分より年収の低い人とは結婚できない」派

私の周りの女性たちに話を聞くと、やはり「自分より年収の低い男性」と結婚はためらうという人が多いようです。その理由は、「自分が低収入だから」「そもそも、自分より稼いでいる人じゃないと付き合う相手にも選べない」など様々でしたが、最も多い理由が「自分が出産し、育児をすることになった時に、相手の収入が低いと暮らしていけないから」。

もちろんそれはそうですよね。離婚理由の上位にも食い込んでいるのが家事・育児の役割分担であるように、女性が収入を得つつ、家事をして、育児をすると言うのは土台無理な話。男性より収入の低い女性が、さらに自分より収入の低い男性を結婚相手とするのは、リスクを負うことになってしまいます。

どうしても、男性に「どこか」をやってもらわない限りは、仕事、家事、育児すべては背負えず、自分より年収の低い男性とは現実を考えれば考えるほど結婚できないようですね。

「自分より年収の低い人と結婚できる」派

その反面、年収の低い人とでも結婚できるという女性もいます。特にバリキャリの女性に多いようで、「男の稼ぎに頼りたくない」、「収入の良し悪しは関係なく、自分にとってプラスの人物かどうかが大切だから」という意見もあります。

こういった女性は、弁護士や医師などの経済的自信がある人が多く、「お金のある人と結婚したと言って、必ずしも幸せになれるとは限らない」という思いを持っているよう。

自分が稼いでくるから、結婚相手として年収が低い男性であっても、自分を一番に思ってくれたり、幸せにしてくれたりする相手を選ぶ傾向にあります。

もちろん、彼女たちも「全く稼がない相手」というのはあまり好印象ではありません。自分を頼りにして家でダラダラしているような男性では、彼女たちの眼鏡にはかないません。しっかり働き、家で自分を待っていてくれる男性を好ましく思うのです。

そういった女性が男性に求めるのは、家事や育児をしっかり分担し、それをこなしてくれること。自分が出産したあと男性がしっかり育児に従事してさえくれれば、仕事に戻りやすいものです。

また、仕事で遅くなった時にかじを代わりにやってくれていたりすれば、女性側も「この人となら一緒にいられる」「結婚したら私を支えてくれる」と思えますから、「自分より年収の低い男性だとしても結婚できる」という結論に至るのです。

まとめ

このように、女性の中でも「年収の低い男性と結婚できるかどうか」は二分されているよう。あなたはどちらでしたか?

お金があるからと言って、必ずしも幸せになれるとは限りませんし、お金がなくても幸せになれないかもしれません。結論、あなた自身が「どこに幸せを見出すか」次第なのです。

周囲の意見に振り回されることなく、しっかり自分の幸せを見出してくださいね。



年収の低い男性