実は知らない?!一般事務の仕事内容ってどんなもの?

一般事務

一般事務は、民間企業や官公庁、団体といったさまざまな組織で事務作業全般を担当する職種です。ですが、「一般」と言っても、実際はどんな仕事をしているのでしょうか?

今回はそんな一般事務について紹介していきます。

これから就職活動をする人や、別の業種からの転職を検討している人は、こちらの記事を参考にしてみてください!

具体的にどんな仕事内容が一般事務?

一般事務は縁の下の力持ち!

資料や契約書の作成、郵便物の仕分け、ファイリング、メールやFAX送信、データ収集、電話・来客応対などが、おもな業務内容となります。

基本的に、高度な専門知識やスキルが問われる仕事は行いませんが、英語が必要になったりすることも。業務範囲が幅広いため、臨機応変に対応できる柔軟性を求められるのが一般事務なのです!

効率的な仕事へのアプローチが大切

上記のように、ルーティンワークが多いのが一般事務。「縁の下の力持ち」となって他のスタッフが業務を効率的に進められるようサポートするのが使命です。

確かにスキル等はいらないので、特別な仕事やほかの事務よりも簡単にできそうな仕事と思われがちですが、実は、効率よく仕事を進められるように、その場の状況を素早く把握しながら作業を正確にこなすことが求められます。

一般事務に求められるスキルと一日の仕事内容って?

PC操作スキルは絶対必須!

どの職場においても業務の大半はパソコンを使って行うものとなるため、ExcelやWordの基本操作ができることは必須。むしろ応募要項に書いていなくてもできて当たり前、くらいです。

そのほか、ビジネスマナー、簿記、英会話などを会得していると、より業務がスムーズに進みますし、面接でも有利。電話応対や来客応対などができる人も望まれています!

組織ではサポート役としての活躍が期待されるため、細やかな気配りや気遣いができる人は歓迎されるでしょう。

一般事務の1日はオフィスワークが基本!

勤務時間は勤務先によって異なりますが、毎日決まった時間帯で働くことが多いため、安定した生活リズムが作りやすくなっています。

業務内容は、ルーティンのものもあればその時々で依頼されるものも。しっかりと計画を立てて行動しつつ、頼まれ仕事については臨機応変に進めていくことが大切です。

一般事務はキャリアップが難しいってほんと?

事務スキルは確かに上がるけれど……

一般事務は、ありとあらゆる業界・業種の企業や組織において活躍していますが、その業務内容は、総合職や専門職のスタッフのサポートが中心、単純なワークの繰り返しです。

そうした場合、日常業務だけでキャリアアップしていくことは少々難しいかもしれません。

専門性を深めていくことももちろん可能!

しかし、一般事務であってもそこから専門性を深め、多方面にキャリアアップすることはもちろん可能です!

たとえば、簿記の知識を身につけて経理業務に移ったり、コールセンター業務などの経験を生かして営業部門で「営業事務」としての役割を任されたり!

また、監査法人、法律事務所など、専門色の強い企業の事務職に就けば、専門性が問われる業務に携わる機会が増えます。そこで専門性を深めていき、関連する資格を取得して専門職を目指すことも夢ではありません。

まとめ

いかがでしたか? このように、一般事務は専門性こそないものの、スキルアップも、経験も積むことができる仕事なのです。

一般事務というポジションのまま、事務のエキスパートとして長年働き続ける人もいますし、多様なキャリアを生かして活躍することも可能です。

検討中の方は是非一度応募してみてはいかがでしょうか?



一般事務