正論ばかりだと疲れる!正論を言う人の特徴とは

正論 疲れる

正論を言う人との上手な付き合い方

ガンガンに攻め立てられる正論に対する反撃は、疲れます。そんな正論には、話を聞き流してしまうのが吉。
正しいことを言われ、分かっていても時には受け入れることができないことだってあり得ます。辛いと思ったら、すべてを受け入れる必要はないのです。その時は聞き流すようにすることで、あとから改めて考えた時にすんなり受け入れられることもあります。
あえて疲れる付き合いをすることはありません。あなた自身を大事にするのがなにより一番なのですから。

まとめ

もし、自分が正論を言ってしまうことがあるのであれば、発言の前にその場の空気を読むようにしましょう。周囲に嫌われてしまわないための配慮として、必要なことです。
そしてあなたが言われる側ならば、リラックスすることが大切。正論ばかり言われていると、疲れてしまうことも大いにありますから、そんな場合は、上手に割り切って、疲れてしまわないように付き合うのがいいでしょう。

正論 疲れる