これで私は転職を決意した!転職のきっかけ3つ

転職のきっかけ

「会社を辞めたい」「転職したい」と思う事はあっても、実際に「転職しよう」と決意するのには、大きな覚悟と、そしてきっかけが必要です。
では、転職するにあたって、どんなことがきっかけになるのでしょうか。
今回の記事では、「転職を決意したきっかけ」について見ていきましょう。

キャリアアップ・キャリアチェンジが転職を決意したきっかけ

これからの自分の未来へのキャリアアップのため、転職を決意する人もいます。
今まで勤めていた企業では得られない「上の経験」を求める場合もあります。
会社に通いながら、資格を取得することも可能ですよね。新たな資格を取得したことによって、新たな道が見えることもあり、それによって、転職を決意したきっかけが見えたという人も。
キャリアチェンジでは、職務内容如何と言うよりも、職場自体を変えたいという転職の決意もあります。
残業や休日出勤がごく少数であれば、心身に与える影響は少ないですが、それが常になってくると、話は違います。心身への負担の増大により、体調に影響を及ぼしてきます。
高い負荷になってしまう残業、複数回の休日出勤は精神を弱らせ、転職の決意になってしまうことも往々にしてありえます。

給与・待遇への不満が転職を決意したきっかけ

仕事をすることの目的の一つに、「金を稼ぐ」ということがあります。そして、その金額の過多に応じて、生活は楽になったり、習い事ができたりします。お給料の良しあしは仕事を続けるうえでのモチベーションにもつながってきますから、あまりにも「希望の給料よりも低い」となった場合は、転職に繋がるきっかけにもなります。
また、待遇が低く、不満を抱えている場合も、転職に繋がるきっかけがあります。そして、この場合も同様に、仕事に対するモチベーションに繋がってきます。
このような停滞した現状を打破するのが、転職を決意したきっかけになることも、よくあります。

人間関係が転職を決意したきっかけ

上司とそりが合わない、人間関係がうまくいかないということも、会社勤めをしているとよくあります。
しかし、自分で人間関係は選ぶことができません。そして、人間関係がうまくいかなくなると、精神的なストレスがたまり、精神的に不調をきたし、身体の不調へとつながってしまうこともしばしば。これが高じて、今の職場にいたくなくなり、転職したくなっていきます。
このきっかけは、実は一番多くあるケース。職場での人間関係のトラブルはごく一般的なのです。
こういった場合、転職をすることで環境自体を変えてしまい、新たな場所で働く決意をするということもよくあるのです。

まとめ

転職を決意したきっかけを3つ紹介しましたが、いかがでしたか。3つとも、自分の環境を変えるためのものでした。
そして、転職を決意したら、すぐにさっと転職しましょう。もちろん企業にはタイミングというものがありますから、しっかりと時期を見て「退職します」と言うのが、円満転職するコツです。
皆さんの転職が明るい未来につながるよう、陰ながら応援しています。



転職のきっかけ