仕事中にその言葉はイエローカード!仕事ができない人の口癖って?

口癖

「だるい!」「しんどい!」「疲れた!」

これらの言葉、仕事中や仕事終わりに、私もついつい言ってしまいます。ですが、その「口癖」一つで、仕事のできる・できないが判断されてしまっているという事……知っていましたか? 逆に、口癖を直すことで「仕事ができない人」から「仕事ができる人」に変われるかもしれないのです!

「仕事ができない人」の口癖を直すための方法は

「口癖」というのは、その人の生活に根付いているものです。ついつい口から出てしまうその人の「クセ」は、どうしてもなかなか直しにくいもの。では、こうした口癖をなくしたり、減らすにはどうすればいいのでしょうか。

なにより大事なのは、自らの癖を「クセなのだ」と「気が付く」こと。まずは、自分で自らの口癖をチェックしてみてください。そして、マイナスな口癖があったなら、「この口癖をやめるんだ!」と、決意することから始まるのです。

これが「仕事ができない人」の口癖だ!

「~から、できない」は悪い口癖ナンバーワン!

例えば、「今はお金がないから、付き合いのご飯を食べに行けない」「手伝ってくれる人がいないから、新しいことができない」など、言っていませんか?

この口癖は最も多くみられるものですが、「仕事ができない」ことを、条件が整わないから「先延ばし」している悪い口癖の筆頭と言えるのです。

これは、「頑張ったらやれるだろう」という自分を捨て、「できない理由」をたくさん集めて、自分を無理に納得させているに過ぎません。

これは仕事のできない人の特徴。「できるかもしれない」努力を怠っている人に多い口癖なのです。

「今さら~」なんて言わずに今やろう!

「今さらやっても追いつけないでしょ」「そんないまさら言われても……」。

これも、仕事ができない人に共通している口癖。「時間」を理由に、「行動」をやめてしまっているのです。

誰か先駆者がいたり、すでに仕事が進んでいるときによく言われていますね。ですが、どうせやることになるんです。仕事ですから。それなら、「今さら」なんて言わず、「今すぐ」やった方が、絶対に後に仕事が残らなくて、物事がスムーズに済むと思いませんか?

「もう少し学んでから」は会社では絶対NG!

「今はまだ勉強不足なので、もう少し学んでから……」「もうすこし技術を学びたいので、それが終わってから」など、一見よさそうに見えるこの言葉。実は会社では絶対NGです!

これを言いがちなのは、実は「優秀な人」なのです。新しいことにチャレンジして、人前で失敗をしたことがない人が、よく言っているのを見かけます。ですが、仕事と言うのは常に進行しているもの。失敗しない準備を延々と待ってくれる上司は……あまりいないですよね。

まとめ

今回は「仕事ができない人」に共通している口癖についてまとめてきましたが、いかがでしたか? もしかしてあなたにも当てはまる言葉があったのではないでしょうか。

「~だから、やめよう」という「仕事のできない人」の口癖ではなく、「~だからこそ、今やってみよう!」と言い換えてみてください。よし、頑張ろうという気持ちになりませんか? その心持や、気持ちの変化次第で、「仕事のできる人」へ変わっていけるのです!



口癖