彼女はもしかして職場の「高嶺の花」? アプローチ成功の二大秘訣

高嶺の花

職場の中でささやかれている「高値の花」といえば、魅力的で素敵な女性を指す言葉ですよね。ですが、そんな「高嶺の花」の女性を好きになったとしても、どうしてもアプローチしにくいもの。
そんな彼女と仲良くなりたい!と思っている人のために、「高値の花」として見られている女性の特徴や、それに基づいて彼女を振り向かせる方法について、詳しくまとめてみました。

職場の高嶺の花の女性の特徴とは?

高嶺の花とは、ことわざにあるような「立てばシャクヤク座れば牡丹、歩く姿は百合の花」のような「とっつきにくい」女性であり、やはり「手の届かない」存在であることが多いのかもしれません。

美しく、居住まいのすっとした「気品のある女性」

一番みなさんのイメージに近い「高嶺の花」の女性と言えば、見目麗しい人のことを指すと思います。落ち着いたトーンで話したり、悪口など下品な会話をしなかったり。決して大股ではなくすっと歩いていたり、きちんと足を揃えて座っている大人な女性も「高嶺の花」らしいと言えます。

バリキャリさんのような「仕事ができる女性」

仕事をバリバリこなすキャリアウーマンの女性も、高嶺の花として見られていることが多いようです。仕事をソツなくこなしていたり、部下をきびきび指導している様子は、女性でもやはりカッコよく見えるもの。これぞまさに、職場で輝く「高嶺の花」でしょう。

「高嶺の花」だって女のコ!アプローチ成功の二大秘訣

「高値の花の女性を好きになってしまった……」と思い悩んでいる人、諦めてはいけません。高嶺の花だって、女の子。努力次第で振り向かせることだって出来るのです!

アプローチ①まずは明るく積極的に話しかける!

職場では、上司の可能性もある高嶺の花の女性。つんとした雰囲気の女性なら、実はあまり男性から話しかけられていないという事もあるのです。もちろん、彼女たちは仕事を大切にしていますから、仕事を邪魔するようなタイミングで話しかけるのは逆効果ですから要注意。
休憩中や飲み会などで機会をみつけてたくさん話しかけることで、まずは自分を意識してもらうことができます。そうやってお互いを知り合って、職場以外で会う可能性が高まると、恋愛へと発展させるチャンスも出てきます。まずは自分から積極的に行動しましょう!

アプローチ②困っている時はそっと手を貸す

女性が困っている時はそっと手を貸すということも大きなポイントになります。高嶺の花として見られている女性は、職場の中ではやはりプライドが高かったり、それでなくとも「仕事のできる人」だと思われていることが多いので、困っていることがあっても人を頼れないことがほとんど。そうやって、実は1人でツライ思いをしているのです。
だからこそ、そのツライ時に「そっと」手を貸してあげることが大きなポイントとなるのです。 あくまでおおっぴらにではなく、「そっと」というところにキモがあります。
彼女たちのプライドに傷をつけず、困っているときにそっと飲み物を差し入れしたり、自分から手伝いを申し出たり。あくまでそっと手を貸すことで、好感度をぐっと上げることができます。

まとめ

高嶺の花の女性の特徴や、振り向かせる方法についてご紹介致しましたが、いかがでしたか? 高嶺の花の女性を好きになってしまったからこそ、「無理だな」と思うのではなく、あきらめずに「高嶺の花」の女性に釣り合うように自分磨きをしましょう!
そして、ぜひ積極的なアプローチで恋を実らせてください!



高嶺の花