つらいときにはちゃんと休んで! 女性の味方“生理休暇”

生理がくると貧血や生理痛でしんどいですよね。起きあがれないほどつらいけど、会社には行かなくちゃ……なんて思っていませんか。無理しちゃダメです。あなたには“生理休暇”を使う権利があるんです。

生理休暇って?

生理休暇とは、労働基準法第68条で定められている制度です。「生理日の就業が著しく困難な女性に対する措置」として、「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」ことなっています。すべての雇用形態において適応されるので、契約社員でもパート・アルバイトでも生理休暇は取得できます。

生理休暇を取得するには?

生理休暇を取得するには、本人の口頭による申し出だけで大丈夫です。つまり、電話などで「今日は生理がつらいのでお休みさせてください」と伝えるだけでOKなのです。医師の診断書などもいりませんので、万が一、会社がそのような手続きを求めてきたとしたら、労働基準法違反となります。

生理休暇の日数を「月に1日まで」というように制限したり、休暇を取ったことでペナルティを与えることも禁止されています。つらいときは何日でも休んで構わないのです。また、1日単位で与えなければならないということもありませんので、「午前中だけ休ませてほしい」といった申し出も可能です。ただし、有休休暇のように「年間に〇日与えなければならない」という性質のものではないので、あくまで自分で申請しなければ、生理休暇は発生しません。

生理休暇中の賃金

労働基準法では、生理休暇中の賃金の支払いに対しては特に制限を定めていません。従って賃金については会社独自の規定に則って支払われます。有給の生理休暇を設けている会社もありますが、「〇日までは有給」という制限がある会社や、休んだ分はすべて無給になる会社もあります。規定で有給となっている会社は、労働基準法で定められていないからといって、賃金を支払わないということはできません。よく確かめておきましょう。

生理休暇取得で気を付けたいこと

いくら生理休暇が認められるからといって、つらくないのに何日も休んでしまうと有給休暇の付与に影響が出ることがあります。有給休暇の取得は「労働日の8割出勤していること」が条件です。生理休暇は欠勤扱いになってしまうので、生理休暇が多いと条件から外れてしまう可能性があります。

また、生理休暇中に実は旅行に出かけていたなどということが判明した場合、懲戒処分になってしまうケースもあります。女性が生理をタテに、当たり前に休む慣習ができてしまったら、会社の業務に支障が出るだけでなく、女性全体に対する信用がなくなってしまいます。節度を守って、適切に生理休暇を取得し、つらい時期を乗り越えていきましょう。