社会人女子は知ってて当たり前!いまさら聞けない会社でのネイルマナーとは

ネイルマナー

社会人一年目。オフィス勤務ではいわゆる「オフィスカジュアル」が大原則。でも、せっかくだからワンポイントでもおしゃれがしたい! と思った時、ネイルを派手にしてしまった経験、ありませんか?

それほど厳しく規定のあるわけではないネイルですが、実は周囲からは大ブーイングされているかも! 今回は、今更聞けない社会人のネイルマナーについて徹底解剖していきます。

オフィスネイル、どこまで許される?

まずカラーはオフしてトップコートのみで様子見!

オフィスネイルの許容範囲というのは、本当に会社によって様々。最近、会社によってはネイル手当てが出たり、社内にネイルサロンが併設されているところもありますから、そのような会社に勤めているのであればネイルの可否は気にすることはないでしょう。

ですが、そうではない企業において、先輩たちが派手なネイルをしていたとしても、若手であるあなたがそこから入ってしまったら目を付けられかねません。まずは様子見から始めましょう。

カラーや飾りは一切せず、トップコートだけを塗って、周囲の反応を見てみてください。何も言われなければ、OKということ。逆にそれだけでも「爪に何か塗ってる?」と聞かれるようであれば、もうその会社ではネイルはNG。あきらめましょう。

カラーは馴染み色で清楚感を演出して

さて、次に行けそうだなと感じたら、次はカラーを入れてみましょう。後の章でNGネイルについても触れますが、あくまでも派手な色は社会人としてのマナーにかけますから、避けておくのが無難。付け爪は避け、自分の爪も適度に短く切っておきましょう。

馴染み色としてオススメなのは、ピンクやベージュなどの清楚系カラー。最近では、ベージュだけでも何種類も取りそろえられていたり、ふんわりしたかわいらしいカラーのピンクもありますから、日によってこっそり色を変えるのもいいかもしれませんね!

社会人としてマナー違反のネイルって?

派手な色のネイルはNG

先に書いたとおり、ネイルを推奨しているような業界であれば問題ないかもしれませんが、一般企業で敬遠されるのは、まずは派手なカラーでしょう。

赤や青、ゴールドなど、明らかにオフィシャルである職場にふさわしくないネイルは、マナー違反として取られます。

長く伸びすぎた爪や、手入れされていないネイルもNG

オフィス勤務では、PCに触れることも多いでしょうし、そうではない業界で商品を取り扱うにしても、長い爪は不向きであると言わざるを得ません。短すぎる詰めにしろというわけではありませんが、商品に傷を付けたり、お客様の手に傷をつける可能性のある長さは控えるべきです。

それと、以外と思われるかもしれませんが、ネイルが取れかけている状態もマナー違反なのです。日々忙しくて、少し剥げてしまったネイルのまま出社。そのままお客様に対応したりしたら……。あなたがお客様の立場ならどう思うでしょう。やはり、あまりいい印象は持ちませんよね。

ネイルはマナー次第でセルフブランディングに繋がる

人は、意外に他人の爪も見てしまうもの。派手なネイルだけが目を集めるわけではないのです。清潔感があり、しっかり手入れされた爪であれば、相対している人はあなたを「しっかりした人」「細かなおしゃれもできる人」と認識してくれるはずです。

そのためにも、ネイルのマナーはしっかり守って、いずれできる部下にとっての「いい社会人」のお手本になれるようにしてくださいね!



ネイルマナー