誠意をもって内定辞退!円満自体のための5つのポイント

内定辞退

辛い就職活動の末、幸運なことに複数社から内定をもらえると、どこかは内定を辞退しなければなりません。でも……、「一度頂いた内定を辞退する」のは心苦しいもの。行かない企業だとしても、相手に失礼にならないように辞退をしたいですよね。
そこで今回は、相手に誠意の伝わる内定辞退のやり方を紹介します。

基本的には「電話連絡で」「できるだけ早めに」伝えよう

どうして電話がいいの?

手紙やメールで断りの連絡を入れる場合もありますが、基本的には、電話がベストです。電話による連絡には大きく2つのメリットがあり、メール・手紙は相手が読んだか確認できないぶん、電話が一番確実に伝わったとわかること、電話での謝罪の方が誠意を伝えやすいことがあります。内定辞退のような「確実に相手に伝えなければならない」連絡は電話でするのがビジネスマナーです。

どのタイミングで辞退の連絡をするべき?

内定辞退の連絡をする時は「辞退を決めたら、できるだけ早く」連絡することがベスト。自分が辞退するという事は、誰かをほかに再度選ばないといけないという事です。先方にかける迷惑を、出来るだけ少なくするためにも、できるだけ早めの連絡を心がけましょう。

内定辞退の電話連絡は何を言えばいいの?

人事に内定辞退理由をどう告げればいいのか、どんな風に謝罪をすればトラブルにならないのか。ここでは電話での会話法を解説いたします!

内定辞退理由は聞かれない限りは言わなくて良い

内定辞退理由や、内定先の企業については、「どうしても」と聞かれない限り、言う必要はありません。聞かれないなら、内定辞退理由をあえてこちらから告げても告げなくても、内定辞退をすることに関しては特に何も変わりはありませんから。

もし聞かれた場合はどう告げるべき?

内定辞退理由を聞かれた際には「他社から◯◯職で内定をいただき、自身の適性を改めて考えた結果、◯◯職の仕事が自分のやりたいことに近いと感じて」のような仕事の内容について答えるか、「他社からいただいた◯◯という仕事が、私の◯◯という長所をより活かせると感じ」などという適性を鑑みた決断、「地元の企業から内定をいただき、郷土へ貢献したいという想いが捨て切れず」という郷里を理由にするなど、とにかくポジティブな理由をチョイスしましょう。間違っても「待遇が他社の方が良いから」「知名度が〜」「規模が〜」のような会社を避難するような辞退理由は言わないように。

内定辞退を改めて手紙でお詫びする

もちろん、電話連絡で内定辞退を告げれば、内定辞退は完了しますが、最後に、より丁寧にお詫びをするためにダメ押しで手紙で謝りましょう。そうすることであとくされなくそちらの企業との就職活動を終了することができます。

まとめ

内定辞退をすることは法的に何の問題もありません。内定辞退をすると、その契約が「最初からなかったこと」になるので、法的な責任を追求できませんから、もし内定を辞退しなくてはいけない場合になっても、遠慮したりせずに連絡しましょうね。



内定辞退