転職・就職活動にも役立つ!様々なコンテンツをご用意◎

セミナー

「驕り」がある人に共通している特徴とは

「驕り」がある人に共通している特徴とは

「驕り」と聞いて、あなたはどんな性格の人を思い浮かべますか? 「驕っているから嫌い」「驕ったやり方に我慢できない」。こんなふうに言われるのを、何度かは聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、「驕り」の意味と驕っている人の特徴について見ていきます。

 

驕りの意味とは

驕りには「相手を見下す」「思い上がる」という意味があります。

驕りという言葉に使われている「驕」という漢字には、「いばる」「ほしいまま」という意味があります。有名な文節としては、『平家物語』の冒頭にある一節「おごれる人も久しからず」から「驕る平家は久しからず」という言葉があります。意味は「思いあがって高ぶる人はその身を長く保つことができない」というたとえです。

字自体にあまりいい意味がないので、もちろん「驕る人」にもいいイメージはないと思います。

 

驕っている人に共通する特徴

特徴① プライドの高さゆえ見下されたくないと思う

自分が常に一番だと思っているため、プライドが高いのが驕っている人の大きな特徴です。自分が正しく、間違っていないという認識が強いことから、言い合いになると相手よりも優位に立とうとします。

普通に仕事をしていても、相手より下に見られたくないと思っているので、基本的に自分の言っていることを周囲に「すごい!」と認めてもらいたがります。

特徴② 何かをしてもらって当然だと思い、感謝の気持ちが欠けている

驕っている人は、基本的に「自分が一番」だと思い込んでいるので、誰かが何かをしてくれたとき、「やってくれてありがとう」という思いを抱くことはありません。

自分のために何かをやってくれたことに対して「自分のために何かをしてくれるのは当たり前だから感謝の気持ちがわかない」「自分を助けてもらって当然」と考えます。

このような驕っている人のもう一つの特徴は、自分よりも上司に対してはあまりせず、本人が「この人よりもレベルが下だ」と思う人にだけして、上である人には媚びるところにあります。

言い換えれば、世渡り上手とも言えますが、巻き込まれるほうはたまったものではありません。

「驕り」がある人に共通している特徴とは