履歴書の自己PRには何を書けばいいの?ポイントや例文を参考にしよう!

履歴書の自己PRには何を書けばいいの?ポイントや例文を参考にしよう!

履歴書における自己PRは採用(人事)担当者が応募者の人物像を判断するために必要な材料となっているので大切な要素です。そのため、伝わりづらい内容や自身の能力・知識等をアピールできていない自己PRは避けなければなりません。上手に自己PRを書くには、書き方のポイントや例文を参考にすることが大切です。
そこで今回は、自己PRを書く目的や書き方のポイント、例文をいくつか挙げて自己PRの正しい書き方を紹介します。

自己PRの目的は?

自己PRは応募者が入社した後に活躍できる人材かどうかを企業側に判断してもらうために行います。企業側にとって重要なことは、その企業が生み出す製品や事業を通して利益を出すことです。そこで、採用する人材が会社の利益に貢献してくれるかどうかを判断するためには自己PRを確認して、応募者の長所や仕事への取り組み方を把握する必要があります。

自己PRに必要な項目として以下のようなことが挙げられます。

  • 応募者の強み
  • 応募者が持つ専門性
  • 応募者の得意分野(学科や仕事のジャンル等)

それぞれの項目を採用担当者へ伝えることで、企業への貢献度や入社後にどのような活躍をしてくれるのか具体的にイメージすることができます。注意点として、各内容をアピールする際、なぜそのポイントが自己PRとなっているのか、という説明がなければ採用するための判断材料に欠けてしまい、自己PRの目的を果たせない恐れがあります。なぜそのポイントが自分のアピールポイントになっているのかを良く考えて自己PRを検討しましょう。

自己PRに入れたいものは?

自己PRに含めておきたい内容は大きく分けて3つあります。

何をしてきたか

自己PRを伝える上で大切なのは、そのアピールポイントに対する根拠です。根拠がなければ自己PRで語っている内容が事実かどうかを採用担当者は判断することができません。そこで、実績や成果といったこれまで何をしてきたのか、という点を説明することで自己PRの説得力が増し、自身の能力を効果的に伝えることができます。

何ができるのか

自己PRに対する根拠を伝えたあとは、自身の持つ能力を使って何ができるのかを伝える必要があります。この点を伝えなければ入社後にどのような活躍ができるのかを採用担当者はイメージできません。自己PRと入社後にできること、という二つの点を結び付けられるようにしておきましょう。

今後どうするか

最後は、応募者が入社後に何をするのかを説明します。採用担当者が求めているのは入社後にどのような活躍ができるのか、という点です。自分の能力を活かして、応募先の企業でどのように貢献し活躍できるのかを説明し、自分がいかに必要な人材なのかをアピールしましょう。

履歴書の自己PRには何を書けばいいの?ポイントや例文を参考にしよう!