【毎月開催】無料セミナー

セミナー

「読まれる文章」を書こう!書き方には意外なポイントがあった

読まれる文章

世の中には、本当にたくさんの「文章」があふれています。

書籍、新聞、チラシなどの紙媒体にとどまらず、SNS、ブログ、情報サイトなど、ネットの海にも文章があります。

「そんなに文章を書く機会がないから大丈夫」「書くって言っても英語じゃないし、大したことないでしょう」と思っているあなたも、必ず「文章を書く」機会が巡ってくるはずです。そんなとき、せっかく書いた文章を読み飛ばされないために、「人に読まれる文章の書き方」について見ていこうと思います。

 

文を書けることは、「文章を書ける」ではない

日本人であれば、小学生でも文を書くことが出来ます。とある分野において何の知識もない人間だとしても、単語を連ねるだけで、それらしい感じに文を書くこともできるでしょう。

ですから、文章を書くというのは一見、簡単なことのように思えます。ですが、上記のような例は、「文章を書ける」ということではないのです。

 

文を読んだ人が、そこから何か学んだり、興味を持ったり。読んだ人に意味を持たせることが出来るものを初めて「文章」と呼びます。さらにそこから、「読まれる文章」を書くとなると、また一つハードルが上がると言えるでしょう。「読まれる文章」を書くことは遠い世界の小説や漫画だけの話ではなく、身近なところで言えば、会社のプレゼン資料や紹介文などを書く際にも当てはまります。

読まれる文章