面接官に聞いた!好印象な離職理由ランキング

離職理由ランキング

会社を離職した理由のほとんどが、「面倒くさくなって辞めた」か、「嫌になって辞めた」もしくは「体調不良」など……そのままの離職理由を伝えてしまったら、面接では受かりませんよね。言い方を考えて上手く伝える必要があります。そこで、今回は面接官が「好印象」だと感じる6つの離職理由をランキングにしてまとめてみました。
是非参考にして、職探しのつらい毎日から一刻も早く抜けだしましょう!

第六位 病気や体調不良

病気や怪我など体を壊してしかたなく離職したという理由が第六位。もちろん、その理由で離職している人は非常に多いでしょうし、何にも悪いことではありません。例えば工場勤務や工事現場など、体調を崩してしまう原因が分かりやすい職種であれば、面接で言ってもすんなり通るかもしれません。ですが、「体を壊しやすい人ということは欠勤も多そう」というマイナスイメージも付きまとうので、できれば避けたい理由の一つです。

第五位 セクハラ・パワハラなどの人間関係

セクハラやパワハラ。その他の人間関係がうまく行かなかったという理由で離職したというのが第五位です。ですが、大変残念なことに、それがどんなに理不尽で酷いものだったとしても、面接官にはあまり届きません。
人間関係が悪くなったのはあなたに問題があるんじゃないか、なんて言われることもあるんだとか。第六位の理由もそうでしたが、基本的にネガティブなことを面接で言うのはあまりオススメ出来ません。

第四位 別の職場で正社員になりたい

社員希望で入った職場だったのに、一向に社員になれそうなチャンスがなかったので辞めることにした、などという離職理由が四位。たしかに、希望の条件に合わなければ辞めることになりますよね。
この理由の場合は納得してもらえることもありますが、気を付けなくてはならないこともあります。態度によっては、社員になれない理由はあなたにあるんじゃないかと思われてしまうかもしれません。真摯でまじめに働いているのに、会社の事情で正社員にしてもらえなかったのだと分かってもらうことが一番です。

第三位 人事異動、転勤が多い職場だった

転勤となると、その人の環境や状況によっては行きたくても行けない理由がある場合があります。すでに結婚していたり、親の面倒を見なくてはいけなかったり、その他いろいろな理由があります。転勤を迫られたので辞めることにしました、というのは、面接先も受け入れやすい理由です。そのうえ、面接先に異動がないのであれば、特に突っ込まれずにすんなり流してもらえます。

第二位 契約終了(満期)

以前の仕事が人材派遣を通していた場合には、満期になってしまったという理由は仕方ないことなので伝わりやすい理由です。
第四位の理由と組み合わせて、「契約満了に際して派遣社員から正社員になりたい」という理由にすれば、前向きな理由にもなりますし、面接官受けもいいでしょう。

第一位 スキルアップのため

今よりもスキルアップしたいという一番無難な理由です。マイナスイメージにはなりませんし、面接官もよく聞いている理由です。
なので、伝える時にはかなり具体的に、「将来はこんなことをしていきたいので弊社ではこんなスキルを磨きたい」「個人的にとても興味のある業界だったので、そのスキルを学びたい」とわかりやすく、ただ無難に言っているわけじゃないように伝えるのがポイントです。

まとめ

全体的にまとめると、ネガティブな理由は避け、論点を変えて自分に興味を持ってもらい、過去ではなくこれからの自分を見てもらうことを伝えることが出来ればもう完璧ですね。
そしてなにより一番は「この人と一緒に働きたい」と思わせること。緊張する場ですが、明るくポジティブに挑みましょう!



離職理由ランキング