社内不倫のきっかけ!上司の男性と職場恋愛になるきっかけ4つ

社内不倫のきっかけ

あなたも一度は、社内不倫をしている人の噂話を聞いたり、実際に社内不倫をしている人から相談されたこと、あるのではないでしょうか。
もしかしたらあなた自身も、大きな声では言えないけれど職場の上司、しかも既婚男性に恋心を抱いているかもしれません。社内での関係性があるからこそ、不倫にまで発展してしまう事態が起こってしまいます。実際に、社内不倫に発展する「きっかけ」は、どこに転がっているのでしょうか。

きっかけ1 仕事での悩みを相談していたら……

仕事に悩みは付き物。きっと誰もが上司に相談を持ちかけます。これが社内不倫の第一歩となった人が多いのだとか。
悩んでいる時は気持ちも落ちている状態。そこで優しく的確なアドバイスをくれる上司には尊敬の念やあこがれが生まれるものです。それが繰り返されていくことで、尊敬が恋心に変わります。
上司の心情としても、一生懸命に仕事に取り組むあなたの姿や、自分のアドバイスを熱心に聞く姿に心奪われてしまうかも。いつしかお互いの思いは、上司部下の関係から男女の思いへと変化していきます。

きっかけ2 アプローチは女性から?!男心が騒ぎ出して…

「据え膳食わぬは男の恥」という言葉がありますが、まさにこれ。女性からの猛烈なアプローチを上司が浴びた時、社内不倫のきっかけが生まれるのです。いつもは真面目に仕事をしている上司も、愛妻家の上司も、みな男は男。目の前に自分に好意を持った女性、しかも好みのタイプだったりしたら、はじめは断りもしますが、うれしいことは間違いありません。
断られても、諦めずに猛烈なアプローチをする女性に、「そんなに思ってくれるなら」と、最終的には気持ちも体も奪われてしまい、社内不倫にどっぷりはまってしまいます。

きっかけ3 もはや定番?お酒が入った勢いで…

お酒とは怖いもので、いけないと分かっていることでも理性が飛び、その時の勢いで間違った判断を下すことがあります。それは上司でも、後輩でも同じです。
職場の飲み会だろうと、たまたまあなたとお酒を飲む機会であったのだとしても、お互いが楽しい時間を過ごすとそのままの勢いで、ということは社内不倫の大きなきっかけになります。男性は特にお酒を飲むと性欲が強くなる傾向があります。そこで目の前に女性がいればロックオンされてしまうのかもしれません。それに加えて、女性も、体の関係を持つと男としての上司を知ってしまうので、社内不倫の深みにはまっていくのです。

きっかけ4 ギャップにドキッ!出張で仕事以外の姿を知り…

出張も社内不倫がはじまるきっかけのひとつ。いつもの職場から離れ、他県など泊りがけの出張を上司とともに行くことになれば、社内不倫のきっかけは様々なところに転がっています。知らない土地に知っているのはお互いだけ、移動も食事も仕事ももちろんずっと一緒。しかも非日常な空間に背中を押され、その場の空気で男女の関係になってしまうひとも、今は少なくないんだとか……。

まとめ

社内不倫が起こるきっかけを4つお伝えしましたが、これらのきっかけは誰にでも起こる可能性があるものだと思いませんか? 普通に仕事に取り組んでいても、社内不倫をするきっかけは色々なところに転がっています。そんな甘い罠にはまらないよう、しっかりガードしておきましょうね。



社内不倫のきっかけ