履歴書・職務経歴書作成方法、趣味特技の書き方も伝授!

イベント

上司にきちんと挨拶するのがベスト!働く女性の退職時のマナー

上司

会社を退職するにあたって、上司への挨拶はメールで送ってもよいかどうか悩む人も多いでしょう。人間関係を大切にしながら会社を退職するのは非常に難しいといえます。しかし、正しい挨拶の方法を知っているだけで、上手に退職することが可能です。ここでは、女性が退職する際の上司への挨拶について詳しく説明します。

退職のあいさつはメールで送ってもいい?

職場で頻繁にメールでのやり取りが行われるようになり、退職時の挨拶もメールですることが増えています。仕事で忙しい上司にとってあらたまった時間を割くのは難しいこともあるため、時間のある時に読めるメールを利用して、挨拶を送っても失礼には当たりません。これまでお世話になった上司ですので、何の挨拶もなく退職してしまうほうが後味が悪くなってしまうでしょう。本来ならば足を運んで直接挨拶するべきところを、メールで対応できるのですから、文面だけでも礼儀を尽くし、一文でも気持ちのこもった文章を送りたいものです。上司との思い出や、仕事上のエピソードなどを書き添えることで、心に残る文章となります。退職時に後任との引き継ぎなど何かと忙しいものですが、上司には今後どこかでまたお世話になることもあるかもしれません。人間同士のつながりを大切にするため、挨拶メールは忘れずに出しましょう。

しかし、上司への挨拶メールはビジネス文書であるため、個人的な思い入れたっぷりの情緒的な文章は避けたほうがベターです。これまでのお礼と感謝を簡潔に述べることで、気持ちがストレートに伝わります。会社の人間関係のこじれといった退職理由がある場合も考えられますが、挨拶メールには会社への愚痴や不満といったネガティブな内容は避け、スマートに退職することを心がけましょう。

上司