20代での人生選択、ベストな転職時期とは

転職20代

転職の世界で有利と言われる20代。ですが、同じ20代でも微妙な年齢や経験の違い、転職理由で思わぬ苦戦をする事も……。

今回は、そんな20代のベストな転職時期についてご紹介します!

20代前半、経験2年以内の転職は可能?

実は有利?!20代転職!

20代というだけで、実は転職の世界では有利。若く、可能性があり、あまり会社で変な癖がないというのがやはり若さゆえの売りなのです。

しかし、新卒で入社後、「2年以内」の転職というのは、実は少し苦戦する場合があります。世間一般的には「一つの業務を3年は経験する」と言われますし、やはり採用する企業の担当者も同じような考え方を持っているようですね。

最低でも2年、できれば3年務めると転職は有利

勤務年数が2年を超えていれば、一応はOKのようです。ですが「1年と数か月」や、「半年」といった期間で退職してしまうと、やはりあまり印象はよくないよう……。「一つの仕事を長くできない性格の人かも知れない」と疑われてしまう可能性があります。

ですが、退職の理由が、採用担当者から見ても「なるほど、それならば仕方ない」と思えるような内容(ブラック企業・やむをえない体調の不良)でしたら問題ありません。

20代後半での転職、ベストタイミングはいつ頃?

未経験職種なら早めの転職がプラス!

未経験の業種へ移るなら、タイミングとしてはやはり早いほどプラスです。なるべく転職を早めにする事で、学べる期間も長くなるのです。

リミットは、26,27才あたりだと言われています。前職での経験が3年程度あり、社会人としての基礎が出来ている。こういった点は企業には大きなメリットになりますので、未経験者の採用に積極的な企業が多くあります。

同業他社への転職ならいつころ?

同業他社や、自分の技術・実力がそのまま応用の利く仕事への転職というのは、あまり年代を問われない傾向にあります。未経験採用ではなく、即戦力採用という扱いになりますので、20代後半では歓迎ムードが多くなります!

まとめ

同じ20代でも、未経験業種へ行くのか、同業他社へ行くのかによって全くタイミングが違うようです。自分の転職したい業種を見据えながら、ベストなタイミングで転職をしましょう!

あなたの転職に幸ありますように!



転職20代