30代の転職で知っておきたい、応募企業を選ぶ3つのポイント

転職30代

転職では、年収アップや昇格等、なんらかのステップアップを求める人が少なくありません。社会人として実績のある30代であれば特に、年収や待遇を軸に企業を選ぶのは当然でしょう。自分の現在のスキルと経験を鑑みて転職先を選びましょう!

企業選びのポイント3つ!

経験職種での転職が基本、未経験職種はそれなりの覚悟が必要

「職種」は、経験が重視される30代の転職でもっとも変えにくい部分です。

いわゆる職種とは「営業」「事務」など、仕事の根幹にかかわるところ。

同じ30代の応募者であれば、企業はもちろん、未経験者よりも経験者を優遇します。しかも年代の壁も……。未経験の応募者であれば、30代より20代のほうに分があるのは残念ながら事実。30代の転職では、前職の経験とスキルがそのまま活かせる同職種内での転職が本当はベター。
未経験職種への転職を目指す場合は、今まで培ってきた経験が未経験職種でどのように役立つかをアピールしなくてはなりません。そのうえ、待遇面でも、大幅な年収ダウンは覚悟しなくてはいけません。

大企業から中小企業への転職は比較的簡単!

前職と応募先の企業規模も、企業選びの際に考慮したいポイントのひとつ。企業規模で左右されるの? と思う人もいるかもしれませんが、例えば前職が大企業・一流企業と呼ばれるような規模の大きい企業の場合、それよりも小さい規模の企業に転職することは比較的簡単なのです。

大企業のネームバリューを背負うので、その業界の一流企業で仕事をこなしてきたという実績を見られるからです。ですが、同業種でないとそれはあまり功を奏しませんので、注意が必要。

ちなみに、中小企業から大企業に転職する場合は、その逆で「簡単」とは言えません。ですが、企業の求める専門的なスキル・経験を持っていれば、もちろん可能性はあります。向上心も買われるかもしれません!

業種を変えるなら、新規事業等でニーズが高い業種が狙い目!

新規事業や関連事業の立ち上げに際して、企業がターゲット事業にかかわる異業種出身者を求め、新しい人材として異業種からの転職を歓迎するタイミングがあります。

その理由は専門的な業種だと、異業種の知識に乏しいことが多いため。

例えば、出版社がWebメディア構築のためにWeb業界出身者を求める場合があったり……。

応募者が企業の求めるスキルやノウハウを持っていると、有利な条件で異業種に転職できるので、今その業界で求められている異業種スキルや、ニーズを把握して転職活動をするといいでしょう。

まとめ

このように、30代が転職する場合の企業選びでは、自分と応募企業を分析し、転職の成功率や転職後の満足度の高さを考える必要があります。
20代の転職とは違う、しっかりと経験に裏付けられた転職活動が成功のカギ。頑張ってより良い転職活動になるようにしましょうね!

転職30代