テーマパークに就職したい人必見!向いている人ととっておくべき資格とは

「え?テーマパークスタッフになるのに、資格が必要なの?」と思いませんか。確かに、医師免許のような国家資格はありません。ですが、持っておくと有利な資格やスキルがあるのです! この記事では、テーマパークスタッフに向いている人はどんな人なのか、持っていると有利な「資格」はなにかについて見ていこうと思います。

 

テーマパークスタッフに向いている人はどんな人?

テーマパークを訪れるお客様はさまざま!

テーマパークにくるお客様は、そこで日常生活を忘れて遊ぶことを楽しみに来ています。テーマパークを訪れるのは、若い人だけではありません。子連れの夫婦、お年寄り、海外からの観光客も訪れます。

そして、そんな老若男女をテーマパークで迎えるスタッフは、お客様のために、楽しい時間を提供する、究極のサービス業なのです。

 

向いているのは「奉仕の精神」のある人

上で書いたように、テーマパークを訪れる人は実に様々です。そんな様々な人たちに、究極のサービス業として接しなくてはなりません。

接客ではお客様と接することが多く、裏方であってもお客様のために働くのがテーマパークのスタッフです。

明るく笑顔を絶やさず、どんな人に対してもしっかり平等に接することが出来る、奉仕の精神のある人が向いていると言えるでしょう。

また、機械の整備などの仕事に携わることになる場合は、細かな作業や地味な仕事も行います。そのため、忍耐強さも大切になってきます。

 

テーマパークスタッフに必要な資格は?

テーマパークスタッフに「なるため」に取得しなければならない資格というのはありません。

勉強としては、観光関連の学科がある短大・大学などで学んだり、飲食部門で働きたいのであれば調理専門学校で学んでおくと、テーマパーク業界に就職するのに有利に。また、持っていると有利な資格もあります。

 

有利な資格1「サービス接遇検定試験」

その名の通り、サービス技能に対する検定です。

この検定を持っていると、サービス業に対する心構えや応対スキルといった接客業に携わるようなことから、正しい敬語・美しいとされる立ち居振る舞いのようなビジネス要素まで網羅していることが示されます。

「究極のサービス業」が求められるテーマパークスタッフですから、こういったことが認定されていることが分かると、就職に有利に働きます。

 

有利な資格2「手話技能検定試験」

テーマパークに訪れる人の中には、目の見えない人や、耳が聞こえない人もいます。そんな人たちが楽しくパークで遊べるように、手話で会話することもテーマパークスタッフには求められています。

「手話ができる」ということを資格として持っていると、独学ではなく、しっかり万人へ伝わる手話ができる証明になりますから、こちらも就職に有利に働きます。

 

まとめ

いかがでしたか? テーマパークで働くスタッフには、勤勉さや奉仕の精神が必要なのですね。それだけ聞くと、身を粉にして働くスタッフは大変なように思えますが、テーマパークで働く一番の魅力は「お客様の笑顔」です。お子様からご老人まで、たくさんの方の笑顔であふれるテーマパーク。あなたの手で、お客様の笑顔をぴかぴかに輝かせてあげてください!