未経験でも3分でわかる「貿易事務」!受かるための志望動機とは

貿易事務

貿易事務、と聞いてあなたはどんな仕事を思い浮かべるでしょう? 字面から察するに「貿易」に関する事務のようですが、普通に生活していてもあまり「貿易」に関わることはない私たち。しかし、そんな私たちの生活を支えているのが「貿易事務」の人たちなのです。今回はそんな貿易事務に未経験からチャレンジするための志望動機を解説していきます!

貿易事務の仕事内容とは

貿易事務の仕事は、いわゆる一般事務とは少し違っています。
海外から物品を輸入したり、逆に日本から物品を輸出したりする際の事務手続きを担当するのが貿易事務の仕事。その業務は輸入業務と輸出業務に分かれており、輸入業務の場合は輸入元から送られてきた明細に基づき、通関手配、関税処理、納入商品の保管の手配をします。輸出業務は逆に明細を作成し、通関書類を作成して通関手配をしたり、請求書を作成したりします。
取引先との納入日や納入品数の調整を行う役割を担うこともあり、事務と言っても、他の事務系職種に比べてかなりアクティブな分類になるようです。

未経験でもなれる?貿易事務の志望動機を考えよう

貿易事務の志望動機として多いのが、語学を活かせる仕事をしてみたいというものです。場合によっては営業アシスタントとして海外出張に同行するなど、幅広い活躍も見込めます。大学の語学系の学部や国際関係学部を卒業した人にとっては、専攻した語学や国に関係する職業として、貿易事務は魅力的でしょう。
貿易事務になるために志望動機で自分をアピールするとき、なぜ貿易事務を志望しているのかに加え、その仕事をするために現時点で持っているスキルを提示する必要があります。貿易事務では英語を使用する頻度が高いですから、大学在学中に取得しやすいTOEICスコアなどで英語能力を証明したり、海外留学経験があれば大きなアピールポイントになります。
それに加えて、現職または前職の経験をどう貿易事務の仕事に活かせるのかをアピールすることも忘れずに。

志望動機例文1 会社の風潮に触れる

社会人になるにあたり、今まで培ってきたコミュニケーション力を生かし、自分自身を大きなフィールドで成長させたいと思いました。「モノ」ではなく、人と人、企業と企業、国同士をつなぐ自らの「人間力」を商品とする商社に魅力を感じ、中でも人材を最も重視している貴社で、人との交流を基盤として自分がより魅力ある人間になれるよう努力し、社会に貢献したいと考えました。

志望動機例文2 英語能力、資格をアピール

学生時代からTOEICの勉強を継続して行っており、1年間の海外留学経験も有しております。
それら英語の知識を生かして、現職でも海外取引の際の文書作成や営業サポートなどに携わって参りましたが、そのなかで本格的な貿易実務に興味を抱くようになり、貿易実務検定C級を取得、転職を決意いたしました。
専門的な知識は今後さらに研鑽を積むこととなりますが、基礎的な英語力と貪欲に知識を吸収しようとする姿勢で、貴社の発展の一助になることが出来ると考えております。

志望動機例文3 前職での経験をアピール

様々な事務を経験する中、様々な顧客や取引先との営業活動を支える業務にやりがいを感じるようになりました。また以前より海外と関連のある業務に興味を持っておりましたので、昨年の職業訓練では英語と共に貿易事務の入門知識を学びました。現在はTOEIC取得にも向けて勉強中です。今後とも能力の向上をはかり、幅広く営業活動を支援して参りたいと考えております。ぜひ一度、面接の機会をいただきますよう宜しくお願いいたします。

まとめ

貿易事務と一言で言っても、企業によって担当する業務内容は違ってきます。年齢にかかわらず長く勤めることが出来るといわれているだけでなく、一度退職しても、復職する可能性も高く、やりがいや目標を持って業務に携わることが出来るといわれている貿易事務。大変な仕事ではありますが、未経験からでもしっかり目標をもっていれば、広いフィールドで活躍することができます。興味があるならチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



貿易事務