フルタイムで働いても貧しい……。ワーキングプアの原因

ワーキングプア原因

ワーキングプアという言葉、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 「こんなにたくさん働いているのに、どうしてお金がないのだろう」「一生懸命働いているはずなのに貯金ができない」……そんなあなた。もしかしたらあなたも、「ワーキングプア」かもしれません。どうしてワーキングプアがおきるのか、その原因を今回は探っていこうと思います。

ワーキングプアとは

「ワーキングプア」になる原因

正社員、または正社員のようにフルタイムで働いても生活を維持するのがギリギリ、もしくは生活が成り立たない人のことを総じて「ワーキングプア」といいます。

「ワーキングプア」は、元々アメリカで使われ始めた言葉。多くは、高い技術力がないために責任の低い仕事を任せられることが多いのですが、労働時間はフルタイム。なので、お給料は高くないのにもかかわらず、働く時間が長いので、自分でスキルアップを目指す機会を逃してしまうのです。一度ワーキングプアになるとなかなか抜け出すことができない原因は、そこにあります。

学歴は関係ない? 増加している高学歴ワーキングプア

ワーキングプアの中でも、最近とりわけ話題に上がるのは、学歴は持っているのに希望の職に就けず、少ない収入で暮らしている人。その方々を「高学歴ワーキングプア」といいます。

最近、高学歴ワーキングプアが増加傾向にある要因の一つとして、「就活が上手くいかない」「まだ就職したくない」という理由で、就職活動をやめてしまう人が増えたことが挙げられます。それだけではなく、その一方で、高学歴の人たちが求める人気職のポストはあまり増やすことができないといった実情が、高学歴ワーキングプアが増加している原因のひとつとなっています。

ワーキングプアになってしまう原因2つ

実はありがち……将来のビジョンを描けていない

勉強だけをやってきた人に多いのがこのパターン、勉強をすることはもちろん悪いことではありません。ですが、そのせいで将来像がまったく描けていないことは問題。目標にしていた就職先が少ない場合が多く、そこに就けなかった場合、どうしたらいいかこの先どうしていいか分からなくなってしまって、就職できないままフリーターになり、ワーキングプアに陥ることが多いのです。

また、せっかく就職しても、勉強以外のことにほとんど目を向けなかったせいで社会人としての常識的が備わっておらずすぐクビを切られたり、プライドから、高卒の人でも出来るような単純なアルバイトをすることを嫌がることも、ワーキングプアを増幅するのです。

最大の原因?!マーケティングが下手

実はこれが最大の原因なのではと言われていますが、「マーケティング」とはいったいどのようなことなのでしょう。

ワーキングプアの人達に共通しているのは、市場を読み取るのが下手であるということ。ここでいう市場とは、人材市場のことです。どういう人材や能力が求められているのか分からず、企業に上手く自分を売り込むことができないことが多いのです。

己の良い面と悪い面をしっかりと分析し、客観的に見れる人ほど自分について語ることができますが、自分を主観的にしか見れないと、どのジャンルに自分が向いているのかわからないものなのです。

まとめ

高学歴ワーキングプアにならないためには先を見据え、現状と向き合うことが何より大切です。将来どうなりたいかという明確なビジョンを持ち、先を見据えた学生生活を送ること。自分という人間を上手く売り込めるように、自身のメリット・デメリットをきちんと分析し、正面からしっかり就活と向き合うこと。

しっかり準備をして、これからワーキングプアになるのを避けましょう!



ワーキングプア原因