生活保護以下?手取り10万以下のワーキングプア!

ワーキングプア

頑張って働いても企業からは「それが当然」「もっとやれ」と言われ、負担は増えるのに給与は上がらない、そんなワーキングプア。必死に働いているというのに貧乏……もしかして生活保護を受けた方がいいのではないかと思ってしまうこともあるのではないでしょうか?
そこで今回は、生活保護以下かもしれないワーキングプアの実態について調べていこうと思います。

ワーキングプアを生み出す?あまりに低い給与水準!

仮に時給が850円の場合、1日8時間・週に5日働いたとしても1か月の給与はたったの13万6千円。年収に換算すると163万3200円を得る事ができるので、何とか貧困層には入りませんが、税金や保険などで給与はさらに減っていき、手取りは10万円ちょっとに……。労働に必要な交通費等の経費を払ってしまうと、年収は100万円程度となってしまい、あっという間に年収112万以下の貧困層に叩き落とされてしまいます。生活保護を受給している人と比べても、実はあまり変わりのない収入なのです……。

それでも生活保護は受けない方が吉!

毎日怠けて遊びまくってお金がもらえるオイシイ制度に思える「生活保護」。黙っていれば生活保護を受けている事は友人や知人に知られる事は無いし、最低限度の生活を送る事は当然の権利ではありますが、生活保護はできれば受けない方がいいんです。
生活保護を受けると、財産を持つことができなくなってしまいます。つまり、貯金ができなくなるんです。それ以外にも必要最低限の財を持てなくなってしまうので、車も持てないんです。もちろん稼ぐこと、働くこともNG。海外に行く事もできなくなってしまいます。

ワーキングプアを脱出するにはどうしたらいい?

副業ができる働き方を選ぶ

貧困脱出には副業で雑所得を稼ぐ事がお勧めです。例えばアンケートサイトや原稿執筆等の副業で稼いだお金は、雑所得となります。ちなみに、雑所得は20万円以下では税金がかかりませんので、給料から天引きされることもありません。
正社員は基本的に副業が禁止されているので、残業が多くてもまったくお金の稼げないブラック企業で働くよりは、副業のできる「派遣社員」として定時で稼ぎながら、在宅ワークサイトなどを使ってネット上で副業をすると、社会保険などは安定しないかもしれませんが、単純に収入面では額面を増やすことができます。

転職をしてベースアップを狙う

ハローワークに行くと、最近ではたくさんの会社が求人を出していますよね。比較的条件のいい会社もありますし、しっかり選び取るために担当職員さんと話し合って企業選定をしてみると、今の条件よりもホワイトな会社、自分に合っている会社への転職も、もちろん可能です。
また、転職支援サイトなどでは優良企業を紹介してくれますし、そこがダメでも、担当営業さんに話せば会社をまた別のところを紹介してくれることもあります。ユーザーの利用にはお金もかかりませんし、こちらも並行して利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

つらいワーキングプアに陥り、生活保護以下の暮らしをしているとしたら、そこの会社で働いていていいことはありません。
しっかり稼いで、いい生活をできるようにするためには、再就職を決断すること。そして、これから勤める会社をしっかり選んだり、根本的な働き方を変えてみるのが脱却への一番の近道です!



ワーキングプア