98%の人が「こんな会社辞めてやる!」と思った経験アリ! その理由とは?

会社を辞めたい

ビジネスパーソン向けメディア『typeメンバーズパーク(https://members.type.jp/)』が、同メディアの会員向けに行った「『こんな会社辞めてやる!』と思った瞬間」に関するアンケート結果(https://members.type.jp/enquete/report/6/)を公開しました。

その結果は、なんと回答者のほぼ全員が「会社を辞めたいことが思ったことがある」と回答! みんな一度は思ってしまうことがあるんですね……。

 

会社を辞めたい

次にその理由について迫ると、第一位は「人間関係が上手くいかなかった(32.7%)」とのこと。具体的なエピソードやその他の理由は以下の通り。

【人間関係が上手くいかなかった(32.7%)】

・チーム全員が他の人の仕事の粗を見つけよう見つけようとしている様子に辟易した(20代/女性)

・誰も居ないところでニヤニヤしながらブスと言われたりした(30代/女性)

・異性と話していると『付き合っている』『好意を持っている』と噂を流された(30代/女性)

仕事上の付き合いとはいえ、人間的に尊敬できない人と社内で長時間一緒になるというのはきついですね。陰口や噂も、たとえ自分が当事者でなくてもイヤなものです。

【待遇が不満だった(19.0%)】

・それまで誰も成し得なかった営業実績をあげたにも関わらず、上司が営業出身ではなく、その実績の意味や影響の大きさを認識できなかったために正当な評価がされなかった(50代/男性)

・社長の息子さんが某保険会社で働いていて、私が昇給した時に『息子の生命保険に入って貰うために昇給したんだから』と半強制のような感じで言われ、社長の器の小ささに驚きました(30代/男性)

一生懸命がんばって成果を出しても、認められないんじゃ仕事のやりがいがなくなってしまうのも頷けます。

【突発的にショックなことがあった(13.1%)】

・上司が、私と上司と社長しか知らないデリケートな話を社員全員の前で話してしまった(30代/女性)

・上司と先輩がただならぬ関係を臭わせるような会話や行動をしていたとき。朝まで飲んだくれたり、休日も一緒にいるような発言したり……。信頼してた人だっただけに、そういう行動は本当にあり得ないと思った(30代/女性)

故意であれ、事故であれ、ショックなことがあったら、誰しも落ち込んで会社に行きたくなくなってしまいますよね。

 【社風が合わなかった(8.9%)】

・2時間以上早く出社して、部長・室長・専務などに全員が行列を作って挨拶する(20代/女性)

・ある日突然、会社のトイレ以外の全部に何十台もの監視カメラが導入され、社長が一日中それを別室で見ている。出張先でも海外でも見ている。社員同士が仲良くしているのをやっかんで、挙げ句の果てに文句を言われる(40代/女性)

社風はある程度入社前にわかりそうなものですが、入ってみたら変わった独自のルールがあることも少なくないのかもしれません。

ちなみに「辞めてやる!」と思って実際に辞めた人は56.7%と約半数。そのうち転職や社内異動によって、不満が解消された人は54.8%とこちらも約半数。40.9%の人はどちらとも言えない、4.3%と少数ですが、以前の方がよかったという人もいるようです。「こんな会社辞めてやる!」と思っても、転職や社内異動は慎重にやっていきましょう!

 

■アンケート調査詳細

調査方法:『typeメンバーズパーク』会員へのWebアンケート

実施期間:2017年3月1日~4月2日

参照元記事:https://members.type.jp/enquete/report/6/



会社を辞めたい