ヨガインストラクターになるには専門学校に行くべき?

ヨガインストラクター

女性だけではなく、男性にも広く親しまれるようになったヨガ。そんな人気の高いヨガを、指導する立場であるヨガインストラクターを目指したいという人は、今急増しています。ヨガインストラクターになるにはどうすればいいかを見ていこうと思います。

ヨガインストラクターになるにはどうすればいい?

ヨガインストラクターには国家資格はありませんが、全米ヨガアライアンスが認定した「全米ヨガアライアンス認定資格(RYT200)」を取得しておかないと、プロのインストラクターとして活動するのは困難だと言わざるを得ません。

この資格を取得するには、協会が認定した養成スクールで200時間のトレーニングを受講することが必須となります。

正しい知識のもと、技術の習得なしにはインストラクターの道なし!

ヨガインストラクターになるために、独学で勉強することもできます。ヨガスタジオに勤めながら、先輩の指導を見て勉強することも可能です。

ですが、ヨガを指導する立場であるインストラクターは、指導する相手の身体に対し、大きな負担をかける立場。それに、ヨガは呼吸、意識にも影響を及ぼします。インストラクターがしっかりした知識を持っていないと、指導を受ける生徒が体調不良をおこしてしまうこともあります。

浅い知識のもと指導を行うことはできません。

専門学校で学ぶのは「ヨガの楽しみ方」ではない?!

ヨガインストラクターになるための学校では、ヨガを楽しむためのレッスンを開講しているわけではありません。どちらかと言えばその逆で、「楽しむためのヨガ」よりも、「指導をするためのヨガ」を教わります。

例えば、ポーズの指導方法や正しい呼吸法といった実技、ヨガの歴史やそれにまつわる哲学も学びます。また、実際にインストラクターになった時に指導するメニューの作り方まで学ぶことができます。

スタジオにレッスンを受けに来る生徒さんが安全で楽しいヨガを受けられるために、指導者たるインストラクターは座学から実技まで、実に幅広い知識を要求されるのです。

専門学校で学ぶのはメリットが多い!

独学ではどうしても、本やインターネットの知識のみに頼ることになってしまいます。そうなると、実体験ができず、いざやってみると手違いがあったり、ミスをする可能性も……。

専門学校で学ぶ最も大きなメリットは、基礎知識を一から教われるだけではなく、プロのインストラクターから具体的な動きを見てもらえるということです。

実体験を重ねることによって、実際にインストラクターとして活動する際に、よりよい指導ができるようになるのです。

専門学校の費用は高いの? 通う期間はどのくらい?

認定資格の取得のためには、合計200時間の講座を受講することは上でも述べたとおりです。

一日6時間のスクールなら、約34日で終える計算になりますが、2~3カ月ほどかけて学ぶのが普通のよう。費用は比較的安く、40万~60万円ほど。ヨガスタジオに勤めながらこの資格を取ろうとする場合は、スタジオが費用を負担してくれる場合もあるようですから、そのあたりも含めた将来設計をするのがいいでしょう。

まとめ

ヨガのインストラクターとして活躍するためには、知識、技術も必要であり、資格もあって損はありません。ですが、何よりも大切なのは、生徒さんがよりよい体を手に入れるための「お手伝いをしてあげる」という気持ちです。

生徒さんが、レッスンから笑顔で帰れるように、思いやりを持って接することができるようにしっかり知識を蓄えておくことが必要なのです。



ヨガインストラクター