パリのおいしい日常が東京・吉祥寺にやってくる! シンプルで飽きのこない味わいが人気の『リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー』オープン!!

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー

2018年3月24日(土)、フランス・パリにある『リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー(LIBERTÉ LA PÂTISSERIE BOULANGERIE)』(以下リベルテ)の世界展開1号店が、東京都・吉祥寺にオープンします。

 

2013年、パリ10区にオープンしたリベルテは、どこか懐かしさを感じさせる素朴な見た目とシンプルで飽きのこない優しい味として、パリの人々を魅了しています。伝統的な製造方法を守りながらも、若手も含め職人同士が互いの意見を尊重し、お菓子作りの繊細さを軸にした丁寧なものづくりを心がけています。お客様に毎日食べて欲しいという想いから生み出されるスイーツやパンは、店内にある工房で作った安全でフレッシュなもののみを提供しています。

 

リベルテの魅力

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー

パリの本店は全面ガラス張りで、ショーケースはもちろん、スイーツパンやパンスイーツを作っているアトリエ工房もオープンになっており、若手職人たちが生き生きと働き、チームワーク良く仕事に取り組む様子がお客様たちにも伝わります。店舗は、老若男女を問わず、いつもスイーツパンやパンスイーツを求める人でにぎわっていて、町の人々から愛されている様子がうかがえます。

 

商品は、どれも伝統的なパティスリーやブーランジェリーのレシピを守りつつ、現代のライフスタイルに合わせてたテイストで送り出されるものです。とりわけ、リベルテの看板商品である『タルトシトロン』や『タルトタタン』といったトラディショナルなスイーツメニューは、懐かしさと新しさを兼ね備え、シンプルで素朴でありながら何度でも食べたくなる味として人気です。また、自家製天然酵母から作られるパンの数々は、味わい深く、日々の食事には欠かせません。人々の日常生活に溶け込み、人々の生活に寄り添うパティスリー・ブーランジェリー、それがリベルテなのです。

リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー