いつもの湯豆腐にアレを入れるだけ!ハフハフ食べたい究極のとろとろ湯豆腐レシピ【料理研究家・フードコーディネーター/河瀬璃菜(りな助)さん】

湯豆腐

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。ハロウィンも終わり、すっかり冬らしくなってきましたね。寒い日には温かい食べ物を食べて、冷えた身体を癒したいところ。そんな時にオススメな料理の一つとして「湯豆腐」があります。簡単に作ることができ、なおかつお豆腐なので安価でヘルシー!そんな湯豆腐ですが、実は「重曹」を入れるだけで簡単にとろとろの湯豆腐になるんです!早速ご紹介します。

究極のとろとろ湯豆腐レシピ

湯豆腐

材料(2人分)

湯豆腐

絹ごし豆腐・・・2丁
しいたけ・・・3〜4枚
春菊・・・・1束
だし汁・・・500cc
重曹・・・5g

*つけだれ
玉ねぎ・・・1/4個
ごま油・・・大さじ2
醤油・・・大さじ1
酢・・・大さじ1と1/2
みりん・・・大さじ1
いりごま・・・小さじ2

作り方

1、絹ごし豆腐は大きめに切る。しいたけは飾り切りする。春菊は根元を切り、ざく切りにする。

湯豆腐

湯豆腐
2、つけだれ用の材料は全てミキサーで攪拌させる。

湯豆腐

3、土鍋にだし汁を入れたら、豆腐、しいたけを入れ、一煮立ちさせたら、重曹を入れ10分煮込む。

湯豆腐

豆腐が溶けてきたら食べごろです!つけだれにつけて召し上がれ。春菊はさっと茹でる程度でOK!

湯豆腐

重曹は加熱すると炭酸ナトリウムに変化し、強アルカリとなります。そのためアルカリ性に弱い豆腐が溶け、とろとろの湯豆腐になると言われています。
表面が溶けた湯豆腐のとろりとした食感がたまらない味わいです!さっぱりとしたつけだれもよく合いますよ。スープを飲むというよりは、豆腐とつけだれで食べてくださいね。

ワンポイント

  • 豆腐は鍋に火をかける前に入れましょう
  • 沸騰してから重曹を入れましょう
  • 重曹の量は水に対して1パーセントの量で。入れすぎると苦味の原因になります
  • 必ず食用の重曹を使いましょう

温泉湯豆腐のようなとろとろの湯豆腐が、重曹を使うだけで簡単に作ることができます。ぜひ作って見てくださいね!

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

河瀬璃菜(りな助)

レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々なお仕事をしています。

時短、ズボラ、ねと飯系が得意。料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など
Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508



湯豆腐