思いもしなかったシンガーからの音楽番組立ち上げ。きっかけは意外なところにもある!【シンガーソングライター、一般社団法人MUSIC SHARE代表理事/本田みちよさん】

本田みちよ

WEBの音楽番組「MUSIC SHARE」を配信する一般社団法人の代表理事でもあり、自らも歌うシンガーソングライターでもある本田みちよさん。音楽業界に入る前は歌を練習していたわけでもなく、アパレル業界で働いていたそうです。

そこから、どうやって音楽の道へと進み、さらには音楽番組を配信しようと思ったのでしょうか。

ポイントは・・・

  • 音楽の多様性を提供!
  • 目標はワールドツアー!
  • 一生懸命打ち込めるものを!

しっかりと愛情のこもった曲を紹介したい

本田みちよ

様々なジャンルの音楽を紹介して、音の豊かさや音楽の多様性を伝えようと立ち上げたのがWEBの音楽番組「MUSIC SHARE」です。商業音楽ではなく、しっかりと音楽を愛している人、しっかりとした愛情がある曲を紹介したい、という思いでやっています。

文楽座の浄瑠璃だったり、和太鼓、津軽三味線から、テクノDJやエレクトロ、HIP HOPと本当にジャンルはいろいろです。あんまりこれと決めずに、SNSやイベントで「いいな」と思った人にブッキングして出てもらっています。

きっかけは、テレビも市場の音楽も「つまらない!」

もともと音楽が好きでいろんな音楽を聴くんですけど、テレビを見ていた時に、自分の見たいものがなかったこと、そして90年代に入ったぐらいから音楽のジャンルに偏りが出てきて「すごくつまらないな」と思ったのが、番組を立ち上げたきっかけです。

私はゲーム音楽やアニメ、CMの歌も歌っているので、身の回りにすごく素敵なミュージシャンがたくさんいるんです。なので、そういう人たちを紹介する番組を作ろうって。

視聴者の方に「こういう番組が出きて良かった」と言っていただけることも多いですし、いい音楽を紹介した時に「この番組を見てよかった」と喜んでいただけたりすると嬉しいですね。

周りとはちょっと違う音楽を聴いていた10代のころ

本田みちよ

私はもともと、小4から中3まで京都市の合唱団に入っていたんです。そこで「歌謡曲を聴くと変なクセが出るからクラシックしか聞かないでくれ」とか言われていたし、昔からJポップがあんまり好きじゃなかったんです。周りとはちょっと違う音楽、クラシックやジャズ、ボサノバとかを聞いていました。

小学生の時なんか周りはみんなJポップを聞いていたので、話は無理やり合わせてましたよ。いいと思ってなくても「いいよねー」って(笑)。

高校出た後は、京都でアパレルに就職して仕入れや販売をしていました。洋服が好きだったし、店長の接客が神だったので「ああいう接客ができる人になれるといいな」と思って。実はその店長はすっごく厳しくて大変だったんですけど、いろいろ学ばせてもらいました。

デモテープを配りまくったら、声がかかった

5年ぐらい働いた時、レコード会社で働いている友達に声をかけられて、CM曲を歌う人のオーディションに出たんですよ。そしたら、準優勝しちゃって。

アパレルの時は歌ってもないし、音楽をやろうとも思ってなかったんですよ。でも、音楽好きだったし、合唱団をやっていたので人前で歌うことにも抵抗はなかったので、音楽で試してみようかなと思って。無鉄砲というか、思い込んだら突っ走るタイプなので、音楽をやるために東京に出ることにも何も思わなかったですね。

東京に来てからは代官山の洋服屋さんでアルバイトしながらデモテープを作って、ライブハウスとかクラブとかカフェとか、とにかくどこでも渡していました。そうしたら、ある事務所の方が聞いてくださって声をかけてくれて。「OVERROCKET」というユニットを結成して、音楽活動をしていくことになりました。

各国のスタジオをめぐるライブツアーを!

本田みちよ

音楽番組を立ち上げてみて、自分が思っていた以上に番組制作が合っているというか、音楽をやることも好きだけれど、それと同じくらい大事に思っています。

今、青山のRed Bull Studioを無料で使わせてもらって番組をやっているんですけど、今、Red Bull Studioが二ューヨークやパリ、ベルリンとかいろんなところにあるんです。ミュージックシェアで厳選したミュージシャンといっしょにそれらのスタジオを巡りつつ、各国でライブツアーができたらいいな、それに向かって準備をしていきたいと思っています。

いろんなことにチャレンジして、あうものを探してみよう!

仕事って、本当に好きじゃないと続かないと思うんですよね。寝る時間も惜しいと思うぐらい打ち込めることじゃないと継続って難しい。自分の時間のほとんどをすごす場所ですからね。

とはいえ、打ち込めるものを無理して探すこともないと思うんです。興味を持ったことにいろいろチャレンジしてみると、合わないと思っていたことでも意外と合っているなと思うのが見つかったり、人に褒められたことで次も頑張れるな、とか。

どんどんやることによって新しい目標がみえてくるということもあるので、いろんなことにチャレンジして、自分のあったものを探してみてはどうでしょうか。どうしても無理に探さなきゃというものでもないでしょうから。

本田みちよ

■プロフィール
本田みちよ
京都出身。10歳より京都市少年合唱団(ソプラノ)に在籍し、佐藤しのぶ、小林研一郎、小澤征爾指揮のボストン交響楽団,ウィーン少年合唱団と共演するなど、幼い頃より音楽の基礎を学び、音楽を愛し、歌に親しむ。ボーイソプラノのような透明感のある歌声とオーガニックな表現スタイルが魅力のシンガーソングライター。OVERROCKETとして(1997~2013年6月)活動。WORLD ORDERの「2012」「PERMANENT REVOLUTION」、吉岡徳仁 監修の「カルティエ展」会場内音楽に歌で参加、レオパレス21「それぞれの夢」、CITIZEN CM「xC(クロスシー)」、話題沸騰中のiPhone APP「星めぐりの夜」の歌など様々な分野で活躍する中、毎月1曲リリースするプロジェクト「Michiyo Honda Monthly Release Project 2011」が話題を呼び、アニメ「ギルティークラウン」劇中歌(フジテレビ)、世界的人気を誇るゲーム「ファイナル ファンタジー13−2」、人気アイドル麻生夏子のアルバムに楽曲提供、
2012年7月からは会員数10万人の音楽配信サイトOTOTOYで音楽番組「MUSIC SHARE」を立ち上げ、ブッキングから司会まで務め活動の場を広げている。
趣味は旅行。「今年の夏にロンドンとローマに行ったんですけど、何年か振りの海外旅行だったんです。すっごい楽しかったので、やっぱり移動っていいな、と思いました」

MUSIC SHARE https://www.musicshare.jp



本田みちよ