表舞台から裏方へ プライドを捨てた先に見つけたもの【アパレルプレス・モデル/伊郷レナさん】

伊郷レナ

アパレルプレスのアシスタントとして撮影現場などで活躍する伊郷レナさんは、以前はモデルとして脚光を浴びる立場でした。そこから一転して裏方へ。その時の葛藤や辛さを、赤裸々に語って頂きました。

ポイントは……

  • モデルとのギャップ
  • やっぱり好きな業界だから
  • 積極的に口にだそう

アパレルブランドのPR

私たちは、ファッション、コスメのブランドや商品の魅力を知ってもらうお手伝いをしています。

例えば、雑誌やメディア、スタイリストさんとコミュニケーションをとったり、
記事として取り上げていただいたり。
ブランドのイメージとなるカタログの制作をするのが私たちの仕事です。

モデルへの道はスナップ撮影通いから

伊郷レナ

モデルになったきっかけは、ティーン雑誌のキラキラしているモデルへの憧れです。高校生の時にはいろんな雑誌のスナップ撮影があると聞けば行き、どうすれば撮影してもらえるか、雑誌に載るかを研究しながら渋谷に通ってました。

ちょこちょこ雑誌に載るようになったのですが、本当は「Ranzuki」という雑誌のモデルになりたいとずっと思っていて。。。
そんなある日、Ranzukiのオーディションに参加させていただく事になって、読者の方の投票のおかげでRanzukiの専属モデルになりました!!
私の人生を変えた瞬間でしたね。

モデルの仕事は楽しかったです。読者の方が笑顔になったり、ファンの子から手紙やブログへのコメントをもらったり。

その雑誌のモデルを卒業して、この先どうしようかなと悩んでいたときに、すっとお世話になっている方に声をかけていただいて今の仕事を始めました。

私が???……変なプライド

最初の頃は、同じ業界だけど裏方の仕事のことはまったくわからない状態でしんどかったですね。今まで写真をとっていただいていた立場だったので、そのギャップに自分が耐えられなくって切羽詰まったりしました。

今までしてもらっていたことを、モデルさんにしたり、自分が載っていた雑誌のスタイリストさんが衣装を借りにきた時にグサッときたり。プライドが邪魔する部分がありました。

それでも現場ではそんなこと関係ないわけで。耐えながら慣れない進行をして、アイロンをかけて……というのが辛くて。撮影が終わっての帰り道は、色々な感情がこみ上げてきて、泣きながら帰っていました。

ベタだけど、世界中の人を笑顔にしたい

伊郷レナ

初期のころは本当に辛かったけれど、やっぱり好きな業界なんですよね。ファッションの最先端にいるワクワク感とか、好きなモデルさんや女優さんと仕事ができてモチベーションが上がるとか。好きじゃなかったらやめちゃってたかもしれません。

今はもう変なプライドはなくなり、考え方も変わりました。1枚の写真を現場の皆さんで可愛く作り上げることができた瞬間ってやっぱり嬉しいなって思うし、その写真で、いろんな人が手にとってくれたりするのが嬉しいですね。

すっごくべたにいうと、世界中の人が笑顔になったらいいなと思ってやっています。
立場が変わっても、人を幸せにしたい!って目的はかわりませんから^^
むしろ今は、どうしたらもっとよくなるんだろう?と考える時がとても楽しいですね。
みんなが幸せだなと思う瞬間、笑顔になれる瞬間を増やしていきたいなと思います。

「言っちゃいけないかな」なんて遠慮はいらない!

やりたい仕事を実際にやってみると、自分に合わないと思ったり、嫌なことがあったりすることがあると思います。でも、その会社の社員として働きたいとか、その仕事に関わり続けたいという思いがあるんだったら、まずは逃げずに頑張ってみてほしいなと思います。

私も今の会社は最初、週2〜3回のアルバイトから入っているんですよ。楽しくていつの間にか週5になり、そしてもっと楽しくなって今は社員という形でやらせてもらっているので、自分次第だと思います。

アルバイトの時とかって「やりたいけど、こういうこと言っちゃいけないかな」とか考えて口に出さなかったりするんですけど、逆に相手も「アルバイトだからこれ以上やらせちゃダメかな」と思っている可能性もある。うまく噛み合っていなかったらもったいないですよね。

だから思っていること、やりたいことを積極的に話してほしい。そうしたら相手も「この子は本気なんだな」と思って、いい結果になるんじゃないかなと思います。口に出さなかったら相手には伝わらない。口に出すことは一番大事だと思います。

伊郷レナ
<プロフィール>
伊郷レナさん
アパレルプレス会社勤務、フリーモデル。休みの日はノンストレスで過ごすために、ジムで体を動かしたり、1日何も考えずに公園で寝たりしてストレスを発散。海外の業界と絡んだ仕事をし、半分日本、半分暖かい国に住む未来を描いている。

Instagram: https://www.instagram.com/rena_igo/

Twitter: https://twitter.com/gyahaha2/



伊郷レナ