旅行で変わった人生観!あなたの旅する時間も最高の宝物に!【トラベルフォトライター、旅ガール/石井小百合さん】

石井小百合

今回、お話を聞いたのはトラベルフォトライターとして本を出版したり、旅先でのフォトジェニックな写真を発信するインスタグラマーでもある石井小百合さん。

旅の魅力や、旅を仕事にするようになったきっかけを聞いてきました。

ポイントは・・・

  • 旅に出れば”世界観”が変わる
  • カジュアルな「旅タレント」に
  • 継続は力なり

世界ってこんなに広いんだ!

石井小百合

旅に出会ったのは20歳のころ、たまたま地元の友達に「ヨーロッパ一ヶ月周遊するから一緒に行かない?」と誘われたんです。ヨーロッパ自体が国だと思っていたくらい世界に関心がなかったし、旅行に何を持っていけばいいのかわからない全くの初心者だったんですけど、軽い気持ちで行き、1ヶ月で7ヶ国回りました。

この旅で、自分の世界観が変わりました。多感な時期だったので、家族とか恋人とか悩みごとが結構多かったんですが、その悩みごとがちっぽけに感じてしまって。世界って広くて大きいんだって思って。そこから旅のことを発信したいと思うようになりました。

旅に行き過ぎて、モデルの撮影に呼ばれなくなったけど

石井小百合

ヨーロッパがきっかけで、「S Cawaii!」の読者モデルをしながら旅行に行き始めました。そしたら、撮影に呼ばれても旅行の予定を入れていて行けない、ということが半年ぐらい続き、撮影に呼ばれなくなってしまったんですよね。でも、旅のことを発信したいからこれでいいんだ、と思ってブログを書き続けていました。

ブログを雑誌にとりあげてもらったりメディアに露出することが増えてきたのと同時に、いつか本を出版したかったので文章の書き方を学びたいと思ったんです。その時にWebサイトで「記事募集」という投稿をみつけて、無償で1年ぐらいいろんな記事を書かせてもらいました。

毎晩一人でパソコンの前で葛藤して、かなり大変でしたけど、いつかこれが自分のためになると思って続けました。

イビサ島の魅力をめいっぱい伝えた初めての本

そしてサンクチュアリ出版で、イビサ島の本を出したいという思いを伝えたんです。イビサ島って高級なホテルしかないイメージだったんですけど、安いホテルもあるし、世界一きれいな夕日が見えるカフェでゆるい音楽を聴きながらコーヒーを飲むとか、いろんな楽しみがあるんです。

自分でスペイン観光局に電話をして、コーディネーターさんを一人つけてもらって、2人で1ヶ月間くらいイビサ島に行っていました。イビサ島ってにぎやかなイメージなんですけど、パワースポットや田舎みたいなのどかな町があるんです。

この「太陽とハグするイビサ島ガイド」の出版をきっかけに渡辺直美さんのAbemaTVに旅ガールとして出演して、本が名刺代わりになり始めました。スペインのコルドバでツアーをやっている女性の方から「私もこの本をコルドバ版で出したい」というメッセージを直接もらって、出資してもらい2冊目の本「GENIC TRIP in CORDOBA女子PHOTOBOOK!スペイン・コルドバ」の出版につながりました。

旅の時間を、最高の宝物にする手助けを

石井小百合

写真を見て「キレイ!行ってみたい」というのは普通だと思うんですけど、私は実際にそこへ行く手助けをしたいと思っています。なので、私が勧めたところに実際に行って「人生観が変わったよ」とか、コメントやメッセージをいただくのがすごく嬉しいですね。

将来は、本をもっと出すことでテレビにも出たいですし、旅タレントってガチなイモトアヤコさん以外いないから、旅タレントとして旅でメディアに出たいなって。「世界ふしぎ発見」のミステリーハンターの女の子とか、最高ですね!

日常と切り離され、当たり前がなくなる瞬間

これまでに28カ国、80都市ぐらい行きましたが、旅のいいところは、日常と切り離されることです。毎日同じ電車で通勤して、同じ時間に帰ってというルーティーンを繰り返しているとそれが当たり前という感覚になると思うんですけど、旅に出ると当たり前のことなんて本当に一つもないんです。

来るのかわからないような電車を待っていたりすると、自分が持っている価値観の狭さに気づきます。切符が買えて当たり前、バスがそこに来て当たり前、といった当たり前がなくなる瞬間が最高に気持ちいいです。

何事にも感謝できるというか、小さなことに「ありがたいな」と思えるのは素晴らしいことだと思います。

あきらめそうになった先にこそ道がある

私もここまでくるのに10年間かかっています。今って、自分の好きなことをちょっとやってみて「違うな」って思ったら、あきらめちゃう子が多いと思うんですけど、そうではなくて。あきらめそうになった先にこそ道があると思うから、自分の情熱を持ち続けて、何ごとも継続していってほしいです。

石井小百合

■プロフィール

石井小百合

トラベルフォトライター・旅ガール。21歳のときに友達にバックパッカーに誘われ、女の子3人でヨーロッパ7カ国を巡る1ヶ月の旅へ。このとき旅先で見た景色や出来事に刺激を受け、“同世代の人がもっと旅に出て、気持ちを豊かにして欲しい”と思い、旅の記録を綴ったブログを始める。現在、横浜のマガジン「mirea」にて江ノ電と小田急線タイアップページの連載ほか、ぐるなびや旅MUSEなど、様々なキュレーターを務める。2014年にサンクチュアリ出版より「太陽とハグするイビサ島ガイド」を出版。その2年後、同出版社より「GENIC TRIP in CORDOBA女子PHOTOBOOK!スペイン・コルドバ」を出版。

趣味はフォトジェニック。お勧めの都市は、ニュージーランド。「南の方に星空を世界遺産にしようとしているテカポっていう街があるんです。それくらい星がきれいで、満月の日は満月のあかりだけで本がよめる明るさになるくらい空が近い、みたいな。生きているなー、生かされてるなー、と感じられる場所です。

Webサイト: https://www.ishiisayuri-trip.com
インスタグラム: https://www.instagram.com/sayuvanilla/



石井小百合