「失敗したって死にはしない!」飛び込んだ先にあるもの【デザイナー/ジャック・ターナーさん】

jack

10代から仕事に就き、周りの友人は学生として日々を過ごす中で、豊富な社会経験を重ねてきたジャック・ターナーさん(20)。好きなことに今一歩踏み出せず躊躇している人へ、背中を押してくれる素敵なメッセージを頂きました!

ポイントは・・・

  • 18歳で味わった挫折
  • 行き詰まったら一旦離れる
  • 今やりたいと思うことを大事に!

自信満々だった10代

実は、中学を卒業してすぐベンチャーに就職したんです。そこで初任給の低さにびっくりして、だったら自分で何かやったほうがいいんじゃないかと思いました。

18歳の時、その時の上司と一緒に会社を辞めて、お互いに貯めた資金600万円ずつ出資してバル(飲食店)を始めたんです。その頃の自分はとんでもない自信家でしたね。18歳で飲食店経営して、表参道で一人暮らしして、そんな同年代いないと思っていましたし、ちょっとした武勇伝だったんです。

でも経営途中は色々なことがあって、飲まず食わずでお金の工面をしたこともありました。経営者の世界も上には上がいるということも思い知りました。

「好き」で辿り着いた仕事

jack

現在は、デザイナーとしてキャラクターデザインを主に製作しています。

父がデザイナーというのもあって物心ついた時から絵が好きで、父の横でひたすら絵を描いていました。好きなことを仕事に出来るのは素晴らしいなと気付いてこの道に進みました。

それとは別に、ソーシャルメディアマーケティングを中心とするコンサルティング会社のマネージャーとしても関わっています。元々、代表取締役として設立から携わっているので、今はその立場から少し離れていますが、会社から一切手を引いてしまうのは嫌ですし、無責任だと思ってこのような形で働いています。

好きなことなのに、苦しい

2つの仕事を掛け持ちすることで、忙しい時は睡眠時間がほとんどありませんでした。

例えばコンサル会社では、SNSの商材をゼロから作り上げる為に、寝ないで考えることもありましたし、デザインの作業もひたすら描いて描いて・・時間があれば描いているので、常に紙とペンを持って生活している感じです。

なんでこんなに苦しいことしているんだろうって思うこともあります。作業に飽きても仕事なので、そこから離れられないし辞められないですから。好きで始めた仕事だって嫌いになる瞬間はあると思います。

仕事との距離感が大切

jack

辞めたいと思う時もありますが、でもやっぱり好きなんですよね。

好きな事は多少苦しくてもやるべきで、それ以外の働き方は選択肢にはないのかもしれません。

だからこそ、行き詰まったら一旦考えるのをやめます。少し時間を置くと戻れるというか、向き合い方を改めることが出来る気がします。

これから先の自分

デザイナーとしては、好きなことをしてお金を貰っている立場なので、絵を描ける環境があるだけで十分。この環境を出来るだけ長く続けられるよう頑張るのみです!

そして、コンサルティング会社に関しては、海外支社を出すことが今後の目標です。勘違いされがちですが、“コンサルって胡散臭い”イメージがあると思うんです。

今の若い年代だと、よく分からないネットワークビジネスだったり、投資だなんだって色んな問題がニュースになったりして、どうしてもそういったものと混同されるし、日本でやっている限りそのイメージがついて回ると思います。

だからこそ、海外に一個でも支社があれば信用度が全く違うと思っています。

20代の可能性は無限大

給料や雇用形態が良いという理由で、やむをえず好きではない仕事をしてる人は多いと思うんです。僕もベンチャーで働いている時はそうでした。でもやっていてつまらないんです。もうやりたくないと思いますね。

仕事で色々な経験をしてから、若い時は失敗してもなんとかなるって分かりました。何百万借金したところで死にはしないんです!20代って何でも出来るじゃないですか。なんでもいいからやってみようよって思います。先のことは分からないし、どんどん変わっていく環境の中で今出来ることを精一杯やることが大切だと思います。

 jack

プロフィール

ジャック・ターナー

スペイン出身、日本育ち。

デザイナー兼、株式会社リアライズエージェントでマネージャーを務める。

趣味:読書と英会話。



jack