いろんな差別を受けたからこそ、女性の社会進出を後押ししたい。元Meitu日本総責任者の熱い思い【元Meitu日本法人代表/木村アリサ祐美さん】

木村アリサ祐美

女子なら誰でも使っているアプリ「Beauty Plus」を開発したMeitu社の日本法人代表を務めていた木村アリサ祐美さん。18歳の時には3つの事業を起業していたというから驚きです。

若くして世界で活躍し、女性が力を発揮できる場所を広げようと新たな事業に取り組んでいる木村さんに、女性が働くときの心構えやポイントなどを聞いてきました。

ポイントは……

  • 女性リーダーを増やしたい!
  • 他人から何を言われようが自分をしっかり持つ!
  • もっと広い世界を見て!

18歳で起業、そこには理由があった

木村アリサ祐美

18歳のときには起業して、不動産、モデルの人材紹介、通訳翻訳の人材派遣 の3つのビジネスを経営していました。大学に行く費用がなかったので、先にビジネスを立ち上げたんです。稼いだお金でお母さんを養い、関西学院大学に進学しました。

大学に通いながらにM&A(企業の合併や買収)やヘッドハンティングなど幅広いビジネスを経験し、卒業して半年後にアメリカの大学で学びながら、ベンチャー企業や若い起業家を支援するベンチャーキャピタル事業を展開していきました。

大学での勉強と仕事、いつもフルタイムで両方とも全力で取り組んできましたね。

記者会見の翌日に、辞任

木村アリサ祐美

Meituの日本支社立ち上げの仕事を受けたのは、自分の勉強にもなるなと思ったからです。でも、「1年しかやらない」という条件で入社したので、「ものまねメイク」で有名なざわちんさんとのコラボを発表した記者会見の翌日に、辞めました。

いまはアメリカで、ベンチャーを立ち上げ、女性のエンパワーメントと会社のダイバーシティー(多様な人材の積極的な活用)を増やすサービスに取り組んでいます。

みんなが幸せになる方法は、女性や人種の差別をなくすこと!

木村アリサ祐美

私は、純粋な日本人じゃないとか、女性であるとか、結婚していたとか、そういうことで就職のときにものすごい差別をされたんです。日本は女性に対する差別がとくにひどいけど、アメリカでも違う人種に対する差別や、犯罪にはならないような潜在意識の中の差別があるんです。

だけど、女性のリーダーが30%いる会社は利益が6%増えるということは世界中の98ヶ国の21980上場企業でのリサーチでわかっているんです。女性のリーダーを増やすことで、みんなが幸せになる。

女性の人身売買や売春といった問題が起こるのも、ほかの仕事のチャンスがないといった根本的な問題があるから。それを解決するのが目標です。

ただ女性のエンパワーメントは、一つの会社だけでやっても難しい。みんなの力がないと世の中が動かないので、女性のリーダーを導入した会社の利益が伸びたとか、会社に対する満足度が上がったとか、そういうメッセージを世界に発信しながら、変えていきたいと思っています。

何を言われようが気にしない。自分は、自分

私が初めて日本で仕事に応募したとき、採用マネージャーに言われたんです。可愛すぎてコンサルタントとしてまともに見てもらえないんじゃないの? と。ほかにも、主張が強いとか、チームワークの仕事に向かないとか言われたこともあります。

大切なのは、それを間に受けるのではなくて、たまたまその会社に向いていなかったんだ、職種に向いていなかったんだ、と受け止めること。そして、勉強をしてスキルを身につけること。自分に適した職場は絶対にあるので、他人が何を言おうが、自分をしっかりもってほしいです。

そして、もし職場でいじめにあったとしても、「私にはこの会社しかない」とか「死ぬしかない」とか思うんじゃなくて、いろいろなリサーチをして、ほかに道があるんじゃないのかと、もっと広い世界に目を向けるといいと思います。

木村アリサ祐美
■プロフィール
木村アリサ祐美
人工知能を利用したITスタートアップ企業の経営者。企業のミッションは、女性リーダーを増やすことでの、女性の待遇改善。元Meitu日本法人代表。日本語、中国語、英語のトリリンガルで、日中米で教育を受け、アメリカと日本及び中国のテック業界にて活躍中。パーティーが好き。「パーティーは社交場。いろんな人にあって、ネットワーキングするのが大好きです」



木村アリサ祐美