自分自身の可能性を広げたい!日本とタイのあたたかさを糧に【株式会社アウローラ/ラパッサウィーハンチャトゥラットさん】

ラパッサウィーハンチャトゥラット

株式会社アウローラ(https://aurora.vc/)では、海外でも女性向けサービスを提供するため、外国人の方も積極採用しています。
今回インタビューしたのは、マーケティングコミュニケーション部グローバルマーケティングチームに所属、タイ出身のラパッサウィーハンチャトゥラットさん。
タイではあだ名で呼び合う習慣があるそうで、社内でも「トールさん」とあだ名で呼ばれています。
海外で生活する上で、日々どのようなことを糧にしているのでしょうか?日本を好きになったきっかけも交えてお話しを伺いました。

ポイントは……

  • スキルがない…
  • アウローラはあったかい
  • 世界は広い!!

早く日本の漫画を読みたい!が動機

ラパッサウィーハンチャトゥラット

子どもの頃から日本料理が好きでしたし、休みの日の朝もちゃんと起きて、日本のアニメを見るのに夢中になっていました。
高校生になってからは漫画を沢山読んでいたのですが、残念ながらタイ語や英語に翻訳されるまでにはとても時間がかかります。
「日本語を知っていたら、誰よりも早く漫画が読めるのでは?」と思い、日本語を勉強し始めたのがきっかけです(笑)。
大学では日本語専攻で、在学中に1年日本へ留学し、その間は実際に文化にも触れて、酒造メーカーや歌舞伎などの見学も行いました。

タイの実家は車の屋根を作る仕事!?

外国人なのでやはり不安なことは沢山あります。一人暮らしの仕方もわかりませんでしたし、日本は物価も高いですし。
特に、女性向けサービスを提供するアウローラでに惹かれ、ここで働きたいと強く感じたものの、実家は車の屋根を作ったり鉄やアルミニウムなどの金属を売買する自営業なので、その環境の中で育った私はファッションもネイルも無縁で……。日本語を勉強した以外に何もスキルを持っていませんし、ちゃんと働いていけるのか不安でした。
最初は心配した家族に猛反対されていましたが、日本に渡ることを後押ししてくれた母にはとても感謝しています。

イメージを覆す、アウローラの社風

ラパッサウィーハンチャトゥラット

入社後は上司も同僚も優しくて、感動したのを覚えています。
日本の会社は厳しそう、という先入観を持っていました。きっちりスーツを着て、硬い敬語で話して……そんなイメージです。
実際には、わからないことがあれば、上司にも先輩にも気軽に相談できる環境でした。アウローラはとてもあったかいですね!
主な業務は海外のリサーチなど情報収集ですが、自分にできることをさらに増やしていきたいと思っています。

家族の姿を見れば頑張れる

今後はさらに日本文化を掘り下げて知りたいですし、日本語以外のスキルも勉強しなければと思っています。
実際あと何年日本で働き続けられるのかはまだわかりませんが、しばらく仕事に没頭して、金銭的にもタイの家族を助けてあげたいですね。
やはりときどきホームシックになってしまいます。つい最近、実家に防犯カメラを設置したので、昨日もスマホのアプリでチェックしていました。お母さん昼寝してる!とか、おじいちゃん散歩してる!とか(笑)いつも変わらない家族の姿を見て糧にしています。

自分の可能性を広げよう

ラパッサウィーハンチャトゥラット

「挑戦すること」が大切だと思います。
世界は広いので、一生を自分の国だけで過ごすのはもったいないですね。海外へ行くと、様々な知識や情報が得られます。
私ももし日本に来ていなければ一生タイで生活していたと思うのですが、ずっと実家の仕事を手伝って、外の世界へ一歩も出ないままの人生だったかもしれません。
海外に飛び出してみることで、自分自身の可能性が無限に広がるのです。

プロフィール

ラパッサウィーハンチャトゥラット LaphassaweeHanjaturat

株式会社アウローラ(https://aurora.vc/)マーケティングコミュニケーション部、グローバルマーケティングチームに所属。

タイ出身。
趣味は読書で、ジャンル問わず幅広く読む。本棚だけでは収納が足りず、プラスチックケースも使用して、一人暮らしの部屋に約700冊の小説や漫画を所持している。



ラパッサウィーハンチャトゥラット