埋もれかけのちっぽけな存在から脱却!女性社長から学ぶ自由な人生の歩き方【株式会社glamfirst/宮本悠加さん】

宮本悠加

大企業の中で埋もれてしまいそうな不安から、若い女性でも裁量権を持ち活躍することができる株式会社サイバーエージェントへの転職を決めた宮本悠加さん。

営業活動で大きな成果をあげ、2016年11月には、サイバーエージェントの関連会社の株式会社glamfirstを立ち上げ、代表取締役社長に就任。そんな彼女は、現在、会社という組織の素晴らしさを実感していると言います。

仕事のモチベーション管理や若い読者へのメッセージなど、彼女のキャリア観を中心にお話しを伺いました。

子どもたちをサポートするには社会経験が足りない……痛感した大学時代

大学時代は教師を目指して、教育学部に入りました。学校で子供たちに勉強を教えたい、という事よりも、もっともっと子供たち自身の人生が楽しくなるようなサポートが出来たらという思いでした。

ただ、教育実習を通して、社会においての自分の経験値の低さを痛感しました。まず親御さんと対等に話せないんです……。お父さんお母さんたちはしっかり社会人経験があって、子育てもして、豊富な知識も経験もあるのに対し、私はまだ社会人ですらない。だから教師を目指す前にまずは社会人になろう、とにかく人と沢山会える仕事をしようと決めました。

何千人もいる社員の中の1人という、小さな存在でしかない?

より多くの企業の社長と会えるような仕事がしたかったので、就活では株式会社リクルート1本に絞りました。入社後の新規事業の立ち上げでは飛び込みの営業などもしていたので、人と会う機会は多く理想の仕事内容ではありました。

でも新規事業ゆえに方向性が変わってしまうこともありますし、何より私は、何千人もいる社員の中の1人でしかないんですよね。これでは自分の意見も伝えにくく、なかなか存在感が出せないと思い、若い女性でも活躍できるようなベンチャー企業への転職を決意しました。それが株式会社サイバーエージェントだったんです。

入社してすぐ株式会社サイバー・バズへ出向し、ここでは単なる営業の1人ではなく、はじめからマネージャーや局長を目指して成果を挙げようと考えていました。もう埋もれてしまいたくないですからね(笑)。

「ありがとう」と言ってもらえることがモチベーションに繋がる

宮本悠加

「何をどうしても上手くいかないとき」があるのが営業職の難しいところ。成果が出せなければそれが直接数字に繋がるので焦ります……。

一度気持ちが落ちると中々上がれず悪循環に陥ってしまいますし、そういうときもなるべく自分の気持ちを落とさないように心がけていました。社内でできること、例えば情報収集・情報提供などのサポートに回り、「ありがとう」と言ってもらえるように頑張って動くことでモチベーションを保つんです。

あと仕事への評価は数字だけではないというのもまた事実で、上司は部下のどの部分を重要視するのか分析したり、社内営業と言うのでしょうか(笑)、社内の人とコミュニケーションを取っておくのは大切なことですね。でなければ今の仕事はできていないだろうと思います。

こんなに沢山の人に支えられている、会社という組織は素晴らしい

現在はサイバー・バズの子会社、株式会社glamfirstの代表をやらせていただいています。昨今のソーシャルメディアの成長は目まぐるしく、特にInstagramは本当に奥が深いですよね。面白くて大好きなんですよ!

ずっとInstagramを利用したマーケティング事業をしたいと思っていて、自ら社長にプレゼンをして設立をしました。

この立場になって改めて、会社という組織の素晴らしさを実感しました。営業がいて広報がいて、経理や人事がいて。色々な人、色々な職種が集まって、こんなに沢山の人の力に支えられて成り立っているんだなと肌で感じるようになりましたね。

ママも積極採用!女性が活躍できる社会に

宮本悠加

私自身は男性と女性にそれぞれ強みも弱みもあって、仕事上大きな差は無いと思っていますが、やはりバイオリズム的な問題から体力面では女性が負けてしまうなと感じることもあります。その差を埋めるためには効率よく動くことが大事です。本来2時間かかる仕事を1時間でやるとか、何かと工夫することは女性って得意だと思うので。

特にインターネット業界でよく言われる、結婚して辞めちゃうとか、そういった女性のイメージを変えていきたいです。そのためにもまずは一緒に働く仲間を増やして、お子さんがいるママも積極的に採用し、女性が活躍できる会社にしたいですね。女性が仕事を辞める必要はないんだよ!ということを、自社含め社会に広める必要性があると感じています。

何事も経験ですから、もちろん結婚・出産は自分も経験しなければと思います。まだ明確な予定はありませんが……(笑)。まず自分が知っておかないと、人に伝えていくことはできないですからね。近々いつか!

人生の歩き方を決めるのは自分自身です

今はやりたいことを仕事にできる時代です、どんどん好きなことを見つけていきましょう。私が今ここにいるのも、「沢山の人に会いたい」と願っていたから。

特別なことなんて必要なくて、ただ、1歩踏み出す勇気を持てば良いだけなんです。キャリアだって自分の人生ですから、歩み方は自分次第で変えていけます。私も教師の道を決して諦めてはいません。

考える事はもちろん大切だけど、それだけで終わってしまったらすごくもったいない。考えて考えて考えた後にしっかりと踏み出すこと!とにかく1歩を踏み出してみる、気になったことを経験してみるのが充実した生き方への近道になる事も多いと思います。そしてぜひ、女性が活躍する世界を私と一緒に作っていきましょう♪

宮本悠加
プロフィール

宮本悠加

株式会社glamfirst代表取締役社長。教育学部卒業。

2008年にリクルートに入社し、新規事業の立ち上げを担当。2013年に株式会社サイバーエージェント(https://www.cyberagent.co.jp/)に転職後、株式会社サイバー・バズ(https://www.cyberbuzz.co.jp/)へ出向。営業担当として大きな成果をあげ、2015年に営業本部局長に昇進。2016年には、子会社の株式会社glamfirstを立ち上げ、代表取締役に就任。



宮本悠加