出産後も成長の機会を求めて!アプリの世界から飛び出す体験をあなたに【XFLAG STORE SHIBUYAプロジェクトリーダー/岡部有加里さん】

岡部有加里

株式会社ミクシィが展開するエンターテインメント事業で、『XFLAG STORE SHIBUYA』の立ち上げに企画段階から参加している岡部有加里さん。もともと、女性も男性も関係なく、バリバリ働きたいという思いが強かった彼女は、出産後も貪欲に自身の成長を求め続けています。そこで、お仕事への想いや、家事・育児との両立について伺いました。

ポイントは……

  • 私もみんなのなかに入りたーい!
  • チームで一緒に♪
  • 無駄なことはひとつもない

現在のお仕事について

現在は、2017年5月にオープンした『XFLAG STORE SHIBUYA』の運営にかかわるさまざまな業務を担当しています。『XFLAG STORE SHIBUYA』は、スマートフォンゲームの『モンスターストライク』をはじめ、XFLAGが提供するサービスのグッズ販売などをする店舗。サービスをモチーフにしたカフェの展開や、イベントの開催もしているんです。そこで、現場スタッフのサポートや販売計画、イベントの運営などに携わっています。

キャリアウーマンとしてバリバリ働きたい

岡部有加里

学生時代は広報などのPR業務に興味があり、キャリアウーマンとして自分の意見を出しながらバリバリ働きたいという思いがありました。ただ就職活動をしていた頃は、小説などの物語で描かれている世界を鵜呑みにして、「女性が活躍する仕事といえばアパレル業界」というようなイメージを持ってしまっていたんです。それで、一時はアパレル事務の仕事に就いたこともありました。

2011年にミクシィに入社してからは、一転、情報セキュリティの分野を担当し、お客さまにサービスを安心して利用していただけるよう、情報セキュリティ関連の規程やルールの策定をしたり、サービスの企画段階で情報セキュリティやプライバシー情報に関する確認を行ったり、、M&Aの際に新しく仲間になる企業とのセキュリティ面を整えたりしていました。

2015年の7月から2016年の5月まで産休をとって、復帰してからもしばらくは情報セキュリティの仕事をしていました。慣れた環境で仕事をするほうが、子どもがいてもいろいろと安心だと考えていたので。でも徐々に、「せっかく子どもを預けてまで働くのだから、新しい環境でもっと自分が成長できる仕事をしてみたい」という思いも生まれてきたんです。それで、みずから希望して、XFLAGで新たなプロジェクトの立ち上げに関わることになりました。

チームみんなで一丸となって

岡部有加里

XFLAG STORE SHIBUYAがオープンしてからも、店舗をより良いものにしていくために、新商品の投入やカフェの新メニュー検討、新しいキャンペーンやイベントの企画・運営など、仕事が盛りだくさん。ただ、現場のスタッフを交えてゆっくりと話す時間は、閉店後の21時以降じゃないとなかなか取れません。私は子どもを保育園に迎えにいくために17時には退社しているため、そんな時間の差をもどかしく感じることも……。だから、タイミングを見つけてはオープン前に話をしに行ったり、営業時間中もできるだけ顔を出して、現場のスタッフと一緒に働いてみたりもしています。現場の声をダイレクトに聞きたいので、「私もみんなの中に入りたい!」と日ごろ思っているんです。

今は企画チームのメンバーと、店長をはじめ実際に店舗で働いているスタッフたちのあいだで、きちんと連携をとれていると感じますね。店舗スタッフから良い意見をもらったり、現場だからこそ得られる気づきなどもあるので、私たちがその働きをサポートしたいといった感覚もあります。店舗スタッフと企画チームのメンバーが一丸となって、店舗運営を行っています。

二段階の楽しさがやりがい!

岡部有加里

やっぱり、ユーザーさまが楽しんでくださっている姿を見ると、やりがいを感じます。XFLAG STORE SHIBUYAは、プロジェクトチームのみんなでたくさんのアイディアを出し合って、細かい装飾やギミックにまでこだわって作った店舗。一見するとゲームのグッズを売っていそうな雰囲気には見えない内装になっているのもポイントです。そういったさまざまなこだわりに対して、ポジティブな反応をいただけるのが本当にうれしいですね。

アプリの世界から飛び出してあらゆる体験をしてもらえるのが、XFLAG STORE SHIBUYAの持ち味。ユーザーさまが実際にどんな体験をして、どんなところに魅力を感じているのかというのは一番気になるところです。ついつい、SNSなどで反応をチェックしてしまうことも(笑)。

いまの仕事には、企画を実現させて、その後、ユーザーさまの反応を見られるという、二段階の楽しさがあると感じています。XFLAG STORE SHIBUYAのプロジェクトも、立ち上げから関わって苦労も多かったですが、そのぶん実現後の喜びもひとしおでした。今後も責任を持ってプランニングしていく仕事に携わりたいなと思っています。

仕事と家庭、どちらも言い訳にしたくない

岡部有加里

よく、産休後に復帰できるか心配になったことはないかと聞かれるのですが、まったく不安は感じていませんでした。お腹が大きくなってからは、毎朝1時間の時間休をとって、通勤時間をずらさせてもらったり……そういった点でも周りがすごく理解してくれたので、安心して働けていましたね。

復帰してからは、たとえば家事では機械に頼れるところは頼って、効率化を図るようにしています。食事も、常備菜の作り置きや、冷凍保存などをうまく取り入れながら、平日は手作りで頑張るようにしているんです。そのぶん、週末は家族で外食に行くなど、適度に力を抜くタイミングも作るようにしています。仕事も家庭も、それぞれを言い訳にどちらかがおろそかになるのは嫌なので、日々工夫しているところです。

無駄になる経験なんてひとつもない!

岡部有加里

私はこれまで、そのときどきで目の前のことを一生懸命にやってきたつもりです。その経験を振り返ってみると、無駄だったことなんてひとつもありません。

アパレル時代の事務経験が現在の仕事につながることもありますし、情報セキュリティ部門でM&Aに関わった経験が、株式会社XFLAG STOREの設立に役立ったことも。チーム内に悩んでいる人がいるとき、自分が悩んだときのことを思い出して、アドバイスできることもあります。こまごまとしたピースが、ふとしたときにパチっとはまることがあって……無駄なことなんてないんだなってすごく感じています。

目の前のことに一生懸命取り組んでいれば、その経験は絶対に無駄にはなりません。かならず役立つときがきます。あの経験が生きているなって思うこと、結構ありますよ。だから、もし今は悩むことが多くても、自分ができることから一生懸命向き合ってみてください!

岡部有加里

■岡部有加里プロフィール

アパレル会社に勤務後、東京で転職活動を経たのち、株式会社ミクシィに入社。『XFLAG STORE SHIBUYA』の立ち上げに企画段階から従事している。旦那様と共通の趣味として、ダイビングを楽しむ。

また、子供の写真については、写真共有アプリ「みてね」(https://mitene.us/)で保存し、家族全員で成長の様子をふりかえっている。

■XFLAG STORE SHIBUYA

URL:https://store.xflag.com/shibuya/

Twitter:https://twitter.com/XFLAG_SHIBUYA

instagram:https://www.instagram.com/xflag_store/

 

■写真共有アプリ「みてね」

https://mitene.us/



岡部有加里