怖くても転職したから今がある。15㌔やせた私が自信を持って“キレイ”を伝えます【株式会社ドクターシーラボ/佐々木理衣】

佐々木理衣

ドクターシーラボと言えば、オールインワンゲル。皮膚科医が開発したメディカルコスメの化粧品会社として、通信販売や百貨店などの店頭販売などで20年間変わらぬ人気を誇っています。今回インタビューしたのは、通販会員向けの会報誌「シーラバー」をつくっている佐々木理衣さん。現在が4社目という佐々木さんに、ようやく出会えた現在の仕事のやりがいや、転職について聞きました。

「私もキレイになれそう!」と思ってもらえるように

佐々木理衣

今はマーケティング本部通信販売部で、通販の会員さまに向けた会報誌を製作しています。

通信販売って基本的にお客さまと直接お会いすることはないんですけど、私の仕事は会報誌に登場していただくご愛用者さまとお会いすることが多いんです。「昔はニキビだらけで大変だったけど、この化粧品を使い始めたら一気に落ち着いた。もう二度と苦しまないと思う」「シミが薄くなってきてうれしい」というお話を直接うかがえるので、キレイになる喜び、変わっていく喜びを共有できるのが嬉しいですね。

そしてできあがった会報誌の記事で「諦めていた悩みがなくなるかも!」と希望を抱いていただいたり、「私もこんな風にキレイになりたい!」とモチベーションがUPした時に、商品を手にとっていただけると思うんです。自分が作った誌面が、誰かに希望を与えられるのは、すごいことだと思うんです。もしかしたら、誌面がきっかけで肌がキレイになって、その方の人生が変わっちゃうかもしれない。キレイになる幸せを届けられたらと思います。

気をつけているのは、メーカーの社員になってもお客さまの目線を持ち続けることですね。「この商品はこれが入っているから」「お客さまはこうに違いない」とか、理詰めで頭でっかちな考えになっちゃわないように。お化粧品って、期待感というか感覚的なところで買うこともあると思うのですが、どう言ったら感覚的に伝わるかなとか、どう表現したら心に刺さって「キレイになれそう!」と思ってもらえるかな、と、常に考えるようにしています。

誌上企画で13キロもダイエット!

実は私も会報誌の企画に出たことがあります。うちの会社は化粧品もたくさんありますが、健康食品もたくさんあるんです。一食を「美禅食」という商品に置き換えて、3ヶ月で13キロ以上ダイエットしました。

おなかも丸出しで載りますし、出るのには抵抗がありましたけど、まだ入社したてでほぼ社命でしたね(笑)当時はプレッシャーでしたが、ダイエット癖がついたのかアフターの撮影が終わったあともさらに2キロやせて、普通サイズの洋服が着れるようになったり、撮影でお会いするお客さまに声をかけていただいたりと、今では嬉しいことばかりです。

入社時には肌もボロボロで、皮膚科で処方された薬に頼っていたましたが、化粧品のおかげでキレイになってきて、そのことで誌面にまた載ったりしました。ありがたいことですよね。

佐々木理衣

家に全然帰れなかったり、セクハラにあったりしたことも

佐々木理衣

大学は美大で油絵を勉強していました。新卒のときには就職せず、卒業後はイタリアで木版画を教えながら、在伊日本人に向けたフリーペーパーを編集していました。半年して帰国して「そろそろ就職しないといけないな」と思って、広島から上京して派遣会社に登録したんです。

最初は、生活情報誌の出版社に、派遣の編集者として入社しました。ほぼ未経験だったのですが、編集の1から10まで手取り足取り教えていただけ、編集者として育ててもらいました。契約期間が終わり、次は通信販売に関するコンサルタントや制作をしている会社に入社しました。

そこで通販のノウハウを学びつつ、企画から制作、レスポンス分析まで一人でできるようになり、貢献度が可視化されることでクライアントの業績が伸びる喜びを知りました。DMのコンクールで賞をいただいたりしたこともあり、成長も感じられ、やりがいもある仕事でした。けど、全然お家に帰れないくらい忙しくて。セコムが作動しないように、ダンボールの中に入って気配を消してオフィスで寝たこともあります。最高4泊とかしましたね。

そしたら忙しすぎて太ってきちゃったんです。そのことを当時の社長にいろいろ言われるようになって。それがきっかけで転職しました。3社目となる広告代理店でも、会報誌やDMなどの制作をしていたんですが、輪をかけて帰れなくて・・・不規則な生活で肌もボロボロ。人生初の蕁麻疹まで出てきた頃に、転職を決意して、ここに来ました。

世界中の女性の肌が美しくなるように

以前の会社の時はクライアントの商品を取り扱っていたので「この商品、本当のところ成分どうなの?」と疑いを持ちながらも売らなくちゃいけない葛藤もあったのですが、今は自分がキレイにやせたり、肌がキレイになったりした商品を自信を持って売ることができているのがハッピーです。

きれいになるって、やっぱり女性にとっては大切なことですよね。朝いちばん、洗面台で肌を見て「くすんでシワがあるな」とか思うと、その日一日のテンションに影響してくると思うんです。でも「今日の肌はバッチリ!」と思うと一日分の自信につながって、幸せにスタートできる。

昨年、ジョンソン&ジョンソンさんとの業務提携によって、海外の販路が大きく拓けたのですが、それによって世界中の人に、ドクターシーラボの商品を手にとってもらえるようになりました。キレイになる方法を伝えて、世界中の女性の肌が美しくなるようサポートしていきたいです。

そのために市場の流れや顧客行動や、購買意思の動き方をマーケティングしたり、こういう表現したほうが商品の良さが伝わるな、というのを極めていきたいです。

なかなか転職できなかったのは「怖かったから」

佐々木理衣

今いる場所が、本当に自分のためにいい場所であると思うなら、そのままいた方がいいと思うんです。でも、転職を迷うってことは、なんとなく違うなって思ってるわけじゃないですか。

だけどいざ転職しようとすると“でもでもだって”をいっぱい考えちゃうんです。「だって、ここの方が安定してるし」とか「でも、転職しても上司が怖いかもしれない」とか。だから転職って怖いんですよ。私が前の職場で帰れないし、太るし、肌がボロボロになっても辞めなかった理由も、怖かったからなんだろうなって思います。

怖さを振り切って飛び込む勇気が必要なのかな。転職後の自分がどうなれるか、どう変われるかということを考えた方がいい。ずっとこのままの自分と、転職した自分と、どっちが魅力的かを考えると、怖さも振り切れるんじゃないかなと思います。

■プロフィール

美大出身。出版社、会報誌やDMの制作会社を経て、現在は株式会社ドクターシーラボで会報誌「シーラバー」の編集に携わる。趣味は、3年前から続けている動物の保護団体でのボランティア。飼育崩壊や保健所に収容された動物を引き取り、去勢・避妊をし、里親を探して譲渡している。「やりがいがあります。動物って裏表がなくて、いい子じゃないですか。ただ純粋にお腹が減ったり甘えたり、生きていたり。その純粋さに応えて、幸せに暮らせるおうちを見つけられるのがうれしいです」

ドクターシーラボ https://www.ci-labo.com

ドクターシーラボ


佐々木理衣