転職・出産・育児……女性がハッピーに働ける社会を目指し、働くママのモデルケースに!【株式会社ママハピ/谷平優美さん】

谷平優美

ママ会員1万名のサービス「ママハピ」を運営する、株式会社ママハピ代表の谷平優美さん。
「転職支援」と「出産・育児」、2つの経験を活かして会社設立に至り、イベント開催や求人情報サイトなどを通じてママを支援しています。
会社経営にあたり、ぶつかった難題や、ご自身を突き動かす原動力について伺いました!

ママたちがハッピーに働ける社会へ!

日本は先進国なのに、なんでこんなに子育てしながら働くのが難しいんだ?とずっと疑問を持っていました。
自分が転職支援を行う会社に勤めていたことと、子育て中であること、両方を活かせると思ったのが会社設立のきっかけです。
最初はサークルみたいな形から始まりました。年間15回ほど、子育て支援イベントを開催しているほか、PR・マーケティング、就職支援などをしています。
実際にママたちから「人生変わりました」「背中を押されました」という声をダイレクトに頂けるのは、とても嬉しく思います。
子育てと家事は女性がやるもの、という昭和的な価値観やインフラを少しずつ変えて、ママたちがハッピーに働ける社会を目指していきたいですね。

経営となるとまるで別物

谷平優美

自分が社員として大企業にいたときは、人とお金に困ることはありませんでした。しかし自分が会社を経営するとなると、そういった資源がほとんど無いところからのスタートになります。使う筋力が違うといいますか、別物なんだなと感じたポイントです。
サークルから始まった活動なので、きちんと会社として仕組み化していくのが本当に難しくて。
経営が得意なわけではないので、サークルに戻してしまおうかな……と悩んでいた時期もありました。試行錯誤の毎日です……!

私を動かすエンジンは

会社員時代の経験や、育児をしていて思うこと、それらを仕事に活かすことが私の使命であり、原動力になっています。
役員でもある夫からは経営と家庭という、公私どちらもバックアップしてもらっていて、ちょっと珍しいですよね?一番身近に「夫」という理解者がいてくれるのも助かっています。
独身時代はお酒を飲み行かないとやっていけませんでしたが(笑)、今は家に帰って子どもの顔を見るのが一番癒されますね。
私を動かすエンジンは、使命感と家族の笑顔なんです。

まずは自分自身がモデルケースに

谷平優美

今後は働きたいママ向けに再就職支援講座を増やしたり、本来やりたかった本質的な「働くの支援」の部分をもっと伸ばしていきたいと思っています。
私自身、2人目の子どもは、仕事をしながらの出産になります。家族を中心とした生活にシフトし、無理はしないつもりですが、それでも会社は回るようにしていかなければなりません。
まずは私も現代らしい「働くママ」のモデルケースになれたら嬉しいですね。

信頼の積み重ねが大事

最初からやりたいことが決まっている人というのは、実は少ないんじゃないでしょうか。一歩ずつ階段を上りながら、初めてやりたいことに出会うのだと思います。
まずは焦らず、与えられた目の前の仕事で結果を出すこと。つまんないと思いながらやってる人と一生懸命取り組んでる人なら、後者の方が評価され、次に進めるのを転職支援のなかでも見てきました。
今できることを積み重ね、信頼を得ていく。人生においては、それが大事なのだと思います。

谷平優美
プロフィール

谷平優美

株式会社ママハピ(http://www.mamahapi.jp/)代表取締役。
早稲田大学商学部卒業後、株式会社パソナで新規事業立上げ・執行役員を経て、 株式会社リクルートエージェント(現リクルートキャリア)入社。WEB企画・マーケティング、法人営業を経てフリーとして独立。
若者向け就職講座やキャリアカウンセリングに従事。
計10年転職支援・キャリア教育に関わる中で、自身の経験から、「日本の女性の出産後の就業環境や育児環境を改善したい」 「ママと子どもの教育から日本の人材育成に関わりたい」という思いが強まり、2012年ママ支援活動を開始。



谷平優美