悩んだら行動あるのみ!新規営業・システム・メディアの3部署兼任から生まれた私のキャリア観【株式会社ウィルゲート/川上千晴さん】

川上千晴

少数精鋭のスタートアップやベンチャー企業などでは、一人が複数の部署を兼務することも珍しくありません。その結果、忙しすぎて思うように業務が進まず、思い悩んでいる方も多いはず。そこで今回は、自ら手を上げて実現した兼任の経験から、自分らしいキャリア観を掴むことができたという川上千晴さんにお話を伺いました。

サークル活動に夢中だった大学時代

「世の中はどのように作られているのか」という好奇心から、大学は経営学部に進学し、マーケティングや統計学を専攻しました。

ただ、正直なところ、勉強よりもサークル活動に夢中になっていた4年間でしたね(笑)。2つのサークルを掛け持ちしていたのですが、1つは100名規模のサークルで、「色んな立場のメンバーが、それぞれ楽しめるサークルにしたい」ということしか考えていなくて、将来のための勉強を…などは何もしていませんでした。まともにバイトすらしていなくて、立派な社会人になれるような自信は到底なく(笑)、全く自立できていない学生だったと思います。

会社の名前には頼りたくない!成長を求めてベンチャー企業へ

就職活動では大手企業から中小企業、ベンチャーまで幅広く見てまわりました。どこも素晴らしい会社ばかりだったのですが、大手企業は会社の知名度だけである程度商品が売れそうだから、自分自身の能力が上がりにくいかもしれないと思って、一般的にはあまり知られていない中小企業や、ベンチャー企業を選ぶことにしました。まだまだ整いきっていない負荷の多い環境ならば、私も成長できるのではないかと考えたんです。自信のなかった当時の自分にとって、「安定」を得る方法は「とにかく自分のできることを増やすこと」にあったんですよね。

それで、企業選びのポイントを、「どういう人と一緒に働けるのか」と、「どのくらい負荷を与えてもらえるのか」という「人」と「成長」の2つの軸に絞ることにしました。

実際に入社してみて、弊社ウィルゲートのメンバーはプライベートでも付き合いがあるほど仲が良い反面、仕事では率直に指摘しあえる関係で、私の「人」軸の考えと合致していると感じています。

「成長」に関しては、期待通りの負荷を与えてもらいましたが、その期待に全く応えられない自分がいて(笑)。とても苦しんだ時期もありましたね。

“行動し続ける”ことで打ち破った「限界の壁」

川上千晴

入社してすぐに配属されたのは、立ち上がったばかりの新規商材の営業組織でした。そこでは当時、社内の課題であったテレアポ業務の改善に取り組んでいました。

最初のうちはうまくいかず、会社に全く貢献できないのが悔しくて辛い気持ちでいっぱいでした。私には頑固なところがあるので、扱いにくい新卒だったと思います。でも、そんな私に対しても、きちんと叱ってくれる上司を信じて素直にアドバイスに従い、行動していくうちにだんだんと成果を出せるようになってきたんです。

今思えば、当時は無意識のうちに「私の限界はここまで」と決めてしまっていたんですよね。上司に「とにかく行動し続けなさい」と指導してもらえたおかげで、その限界の壁を破ることができて、自分を変化させることの楽しさを学ぶことができました。よい機会を与えてくれた会社にも、自分を成長させてくれた上司にもとても感謝しています。

この時、私の中で「自ら環境をつくり、行動し続けることで成長できる」という価値観が芽生えました。

キャリア構築のターニングポイント 兼任制度にチャレンジ

その後、企業のwebマーケティングを支援する新規営業部署へ異動することになりました。そこがキャリア構築の大きなターニングポイントになりましたね。

ここでも異動したばかりの頃は、経験豊富な先輩社員に追いつくのに必死で、自分がこの組織や会社にどんな価値を発揮できるのか、全く見えていませんでした。でも、そんな私でもチームメンバーや上司のサポートのおかげで、3ヶ月で一定の成果を出すことができるようになりました。そして、会社の「兼任チャレンジ」という制度に挑戦する権利を手に入れることができたんです。ものすごい勢いで手を上げましたね(笑)。

「兼任チャレンジ」という制度は今の部署に籍を置いたままで、希望する部署の兼任にチャレンジできるというもので、私はまず開発を担当する部署の兼任を希望することにしました。

兼任では開発と営業、双方の業務を理解して、これまでなかった部署間連携役として業務を推進しました。その結果、エンジニアと協力し合って、新規営業部が使いやすいツールの開発を成功させることができました。さらに、そのツールは他部署にも生かすことができたので、最終的にかなり多くの部署の工数削減に貢献できて、とても嬉しい経験になりましたね。

また、以前は部署ごとでバラバラの情報共通ツールを導入していたのですが、全社のツールを共通化したことで、部署内だけでなく、部署間のスムーズな情報連携も可能にしました。共通化を完全に実現するまでには1年近くかかりましたが(笑)、社内の情報共有がスムーズになり、コミュニケーションの頻度も確実に上がってきているので、これも本当に動いて良かったなと思っています。

それ以外にも、同時並行で新規メディアの営業兼任にも約1年関わっていて、あまりに忙しくて時間が足りなかったので、効率向上や生産性向上を目指さざるを得ない状況となり、学びの多い、充実した毎日を過ごすことができました。

会社から与えられただけのキャリアは、キャリアとはいえない

川上千晴

「兼任チャレンジ」を通じて学んだことは、「キャリアは会社から与えられるだけではない」ということです。会社に与えられたキャリアを、自分の中でどう消化していくかも大切なことではありますが、受け身でなく、自分から率先して動いてはじめて揺るがないキャリアが形成できると思います。

私は現在26歳ですが、30歳までの数年のキャリアで、今後の自分の人生が大きく変わっていく予感があります。今はひたすら貪欲にスキルを高め、キャリアを積んでいくことに集中していきたいですね。

読者へのアドバイス

とにかく自分の人生に本気になってください。誰かに命令されるものではなく、自分の人生は自分で決めるものだから。

行動し続ければ、振り返ったときに必ず発見があります。時に立ち止まることももちろん大切ですが、悩んだ時こそ「動きながら考える」という勢いで行動すれば、多くの成長が実感できて、より自分らしいキャリアを見つけることができるのではないでしょうか。

川上千晴

 

<プロフィール>

川上千晴

横浜国立大学を卒業後、新卒で株式会社ウィルゲート(https://www.willgate.co.jp/)に入社。新規営業とシステム部署、新規メディア営業の3つの部署の兼任を経て、現在は新たなキャリアを開拓すべくWebアナリスト業務に従事。

趣味は自然に触れること・山登り・島めぐり・一人旅・ひたすらくだらないおしゃべりをすること(笑)。

【適切な人に価値あるサービス・情報が届く社会を実現する】
ウィルゲートは過去10年間で、3,000社以上に及ぶ企業にwebマーケティング支援を提供。特にSEOサービスでは高い実績を出してきました。 これまで蓄積してきたノウハウを活かし、必要な人に必要な情報を届ける支援をしています。

・サグーワークス(国内最大級記事作成特化型クラウドソーシング)
https://works.sagooo.com/
・暮らしニスタ(主婦向けの暮らしに関するユーザー投稿型のメディアサイト)
http://kurashinista.jp/
・Milly(主婦向けの育児に関するユーザー投稿型のメディアサイト)
https://millymilly.jp/



川上千晴