就職・転職にも強い味方! 在宅ワークで活かせる資格3選

日商簿記

在宅ワークを始める前に持っておきたい資格。そもそも簿記というのは、帳簿に記録することを略した言葉で、家計簿などもそのひとつです。企業であれば、経営成績や財政状況を明らかにするために、必ず帳簿をつけています。帳簿には決まったルールや用語、書き方が存在するため、『日商簿記』は、就職・転職する際にも持っていると経理など、お金を取り扱う業務で重宝されます。

在宅ワークを始めるということは、個人事業主になるということです。つまり正しく収支を記録し、確定申告の際に申告しなければなりません。ある程度の知識さえあれば、必ず持っていないといけないというわけではないですが、持っているとプライベートなお金の流れもわかるようになり、大変便利です

MOS

『MOS』とは『Microsoft Office スペシャリスト』の略で、「ExcelやWordが使える」など『Microsoft Office』のソフトを使いこなせるということを客観的に証明する資格です。パソコン作業に慣れている方はあまり必要ないかもしれませんが、持っていればデータ入力などの仕事をするのに、より良い条件で雇ってもらえることがあります。一般企業での就職・転職の際にもパソコンスキルのアピールにとても効果的です。

一度勉強してみるだけでも、今まで何気なく使っていたソフトが、よりスムーズに使える方法が見つかるかもしれませんよ。

校正技能検定

校正とは、書籍や雑誌の内容正しく不備のない内容に仕上げるための仕事です。『校正技能検定』は出版業界だけでなく、一般企業においても、文章作成・点検などの業務で活かせる資格です。

初級であれば、日本エディタースクールの所定のコースを修了すれば認定をもらえます。夜間のスクールや通信教育部もあるので、仕事を続けながらでも取得は可能です。