LINEで復縁!別れた彼に連絡をとり続けたいと思わせるには?

LINEで復縁

付き合っていたときの幸せな思い出というのは、例え喧嘩して別れたとしても思い出してしまうものですよね。LINEを開いて昔の仲の良かった時のメッセージが残っていたりすると、そのまま元カレに連絡してしまいたくなる人、多いのではないでしょうか? ですが、いきなり重い内容を送っても引かれるだけです。まずは焦らず連絡を取り続けることが大切!

そこで今回は、元カレと復縁するためにLINEで連絡を取り続けるポイントについて紹介します。

元カレにLINEする前に、アイコンの画像を変えておこう

必ず目に入るアイコン。画像で相手を認識している人、意外と多くありませんか? アイコンを変えるだけでまず相手にあれ?という引っ掛かりを持たせることができます。大事なのは、いい意味で『自分が変わった』のを意識させること。例えばまだ彼と一緒に写っている写真などが使われていたら、「まだ未練があるのかな」と思い、連絡をしてくれない可能性もあります。

ついにLine!まずは会話をすることを意識しよう

ポイント1 最初は「事務的」から!重くなりすぎないのがベター

なんて送ろうかとあれこれ考えているうちに、気がつけば久しぶりだね?元気?最近はなにしてる?彼女できた?…なんて質問攻めの文章が出来上がっていたりしませんか? 聞かれる方もぐいぐいきすぎると引いてしまいます。まずは短文の事務的なやりとりから始めましょう。例えば、「前に行ったあの店の名前なんだっけ?」「○○の試験の範囲ってどこだったか覚えてる?」「次のプレゼンの資料できた?」など。回答しやすさに重点を置いて会話を始めることで、やりとりがしやすくなります。

ポイント2 短文のやりとりで印象を!その後感謝の気持ちを伝えよう

最初のやりとりでは用件が終わったら敢えてそこで話題を切ることで印象付けることができます。男性は別れた後も相手に好かれていたいと思う人が多いので、連絡が来て少しそわそわしていた元カレさんも「え、それだけ?」と、逆に気になってしまうはずです。

そして後日、「友達とあの店行けたよ」「ありがとう」と結果報告と感謝の気持ちを伝えましょう。質問から結果報告という短い2ステップを通じて、継続的なやりとりに発展する確率がぐんと上がります。

ポイント3 返事は返しやすく!スタンプは多用しない

注意しなくてはいけないのは、相手に対する返事をスタンプ1個でしてしまうこと。スタンプに対する返答を思い付かなかった場合、会話がそこで途切れてしまう危険性があるのです。ただし、会話を切る時に限ってはスタンプ1個でOK。「おやすみ」などの分かりやすいスタンプで会話を切ることで男性に適度な寂しさと余韻を残すことが出来ます。逆に、ここで彼から『おやすみ』と返事が来るようなら彼も少しあなたに対する寂しさを覚えている証拠!

スタンプは簡単な返事として楽なのですが、文面を核となると面倒という人もいますよね。ですが、「返事が来ない」と思わせてしまう所謂「既読スルー」は避けましょう。スルーまでいかなかったとしても、既読と返信のタイムラグがあればあるほど、相手は自分の優先度が低いと感じてしまいます。メールだと気にならない返事の遅れが、LINEでは上記の理由で大きなマイナスになること恐れがあります。

まとめ

大切なのは自然体で連絡を取ること。LINEで継続的に、気負わず、気負わせずに食事に誘えるようになったら、最後はやはり直接会って想いを伝えましょう。また幸せな日常が2人のタイムラインに綴られていくことを願っています。



LINEで復縁