別れてもまだ好き……元彼への未練に気づく瞬間と忘れるべきパターン

元彼未練

元彼のことはきれいさっぱり忘れたと思っていても、心のどこかでまだ彼のことを忘れられないでいる……、ということはありませんか? 新しく別の男性と付き合い始めてもまだ元彼のことを思い出したり、別れた後でもやっぱり元彼のことがまだ好きだったと気づく瞬間には、さまざまなケースがあります。そこで今回は、どのようなときに元彼のことを思い出すことが多いのか、そしてその未練を断ち切る方法について紹介していきます。

別れても好きだと、元カレの未練に気づく瞬間はいつ?

ふとした瞬間に彼の事を思っていた時

日常の中で何気なく元彼のことを考えていたり、良い思い出がフラッシュバックしたりするのであれば、やはりまだ未練があるのです。この場合は、むしろまだ元彼のことが好きであるという事実を受け入れましょう。モヤモヤした気持ちを抱えて日々悩むより、自分の気持ちに正直になったほうが、その後、未練を断ち切ることも楽になります。

彼氏と元彼氏を比べた時

元彼との恋愛関係が解消した後、新たな恋に一歩踏み出した女性も多いでしょう。新しい恋人ができると以前の恋人のことはほとんど思い出さなくなっていきますが、何かあるたびに元彼と今彼を心の中で比較してしまう自分がいるとしたら、元彼に恋愛感情が残っている証拠です。特に、元彼と今彼の違いを比べたうえで元彼の方が良かったと思うのなら、今彼よりも元彼のことの方が好きだとまだ思っているんです。

元彼氏以上の男性に出会えない時

人によっては元彼を深く愛しすぎたり、初めての彼だったりすると、元彼以上の男性を見つけられないこともあるかもしれません。さまざまな男性に出会うチャンスがあったとしても、元彼に未練があり、彼以上の人に出会えないということもあります。ほんとうは視点を変えればどの男性にもそれぞれ魅力があるものですよ。

別れても好きな人を忘れるべきパターン

彼に既に新しい恋人がいる

どんなに元彼のことが好きだと思っていても、相手に新しい彼女ができたと知ったのなら、新しい一歩を踏み出した彼を祝福してきっぱりとその恋を諦めるべきです。未練がましくコンタクトを取ろうとすると、すでに彼女がいる相手にとっては迷惑です。それに、新しい彼女さんに余計な嫉妬や心配をさせてしまうことで、新たな恋愛を邪魔することにもなってしまいます。仮に元彼が再び独り身になっても復縁の可能性が極めて低くなってしまいます。

将来に不安がある

どんなに好きになった相手でも、将来性がないと感じたら別れる決断をすることもあるでしょう。恋人と結婚相手は違います。付き合っていて楽しくても、一緒に所帯を持っても良い未来像が描けないのなら、いつまでも元彼のことを想っていても仕方がありません。将来に不安があるなら別れて正解の恋愛! 次の恋に向かって歩き始めましょう。

まとめ

元カレのことがまだ好きな人には、まずは自分の胸に手を当てて、元彼は自分にとってどのような存在なのかを問い直してみることをお勧めします。 恋愛の傷は時間が解決してくれることも多いが、自分の意志で元彼への気持ちを整理することも重要。整理したうえで、それでも元彼のことがどうしても忘れられないのであれば、復縁を目指してみてもいいかもしれません。



元彼未練