どうして社内恋愛は禁止なのか?

どうして社内恋愛は禁止なのか?

社内恋愛が禁止となっている企業もあり、実際に社内恋愛を理由に転勤・配置転換されている人もいます。では、どうして社内恋愛は禁止となっているのでしょうか?今回は社内恋愛を禁止する企業側の理由や、社内恋愛を続ける秘訣を徹底的に紹介します。

社内恋愛禁止は就業規則に定められている

実際に「社内恋愛禁止」と就業規則に定められている企業もあります。企業が規則まで設ける理由として4つの理由があります。

不当な評価を防ぐ

1つ目は、恋愛関係による不当な評価を防ぐためです。例えば上司と部下が恋愛関係にあった場合、上司が部下を特別扱いし不当な評価を行うかもしれません。具体的にはボーナス・昇給・部下の希望部署への配置転換などがあります。仕事ではなくプライベートな面を考慮して評価されていた場合、非常に問題です。たとえそのような気がなかったとしても、周囲の人々から疑われてしまう恐れがあります。そうなった場合、対応に困るのは企業側です。社員のプライベートな事柄に関係しているので、追究しようにも難しいケースがあります。だからこそ、トラブルを未然に防ぐために就業規則で社内恋愛禁止を定めているのです。

情報漏洩を防ぐ

2つ目に情報漏洩を防ぐという理由が挙げられます。密接な関係にあった場合、企業の重要な情報を相手に漏らしてしまうかもしれません。同じ会社であるからこそ専門的な内容でも理解されてしまいます。相手への一方的な感情によって機密情報が悪用される可能性がないとは言い切れません。悪用された場合、企業は多大な損害を受けることになります。

円滑な業務遂行に支障をきたす恐れがある

3つ目は、円滑な業務遂行に支障をきたす恐れがあるからです。周囲の目を気にせず男女でコミュニケーションをとっている場合、少なからず他の社員には不快な思いを与えてしまうかもしれません。また、仕事をせずに長時間会話をしているようなカップルは円滑な業務遂行に支障をきたしているとも考えられます。

セクハラなどの諸問題を回避するため

4つ目にセクハラなどの諸問題を回避するためという理由があります。社内恋愛の場合、別れた後に問題が起こる可能性もあります。どちらかの一方的な恋愛感情によってセクハラやパワハラなどの問題が起こりかねません。不倫や浮気などがあった場合、訴訟となるケースもあります。社員同士で訴訟を起こすことになり、噂が取引先にまで漏れてしまえば企業のイメージや社会的秩序が損なわれてしまいます。
社内恋愛は個人の問題だけではなく、企業の問題とも成り得ます。だからこそ社内恋愛で起こるトラブルを未然に防ぐために、企業側は社内恋愛禁止を就業規則に盛り込むなどの工夫をしているのです。

就業規則に「社内恋愛禁止」を含めるのは違法ではない

「就業規則に社内恋愛禁止を掲げるのは違法ではないのか」と考える人もいるかもしれません。先程も述べたように実際に社内恋愛禁止を掲げている企業はいくつか存在します。しかし、法的拘束力はなく、あくまでも訓示として就業規則に含めているだけです。企業は社内恋愛だけを理由に社員を解雇することはできません。よほど職場の風紀を乱し、業務遂行に明らかな支障を与えている場合は転勤・部署移動など軽度の処罰は考えられます。
社内恋愛を理由に不当解雇された場合は訴訟を起こすこともできます。例えば男女間で不平等な処罰が与えられた場合です。男性には特に処罰がなく、女性だけ不当解雇されたというケースは違法になる可能性があります。実際に不当解雇された女性が裁判で勝訴している例もあります。社内恋愛を就業規則などで禁止しているとはいえ、恋愛はあくまでもプライベートの問題です。それだけを理由に不当解雇された場合は違法となります。処分を受けても致し方ない理由があれば違法と判断されない場合もあります。男女の関係が公になった時に女性側が不当な処分を受けることが多く、社会問題にもなっています。現在は男女平等の考え方が従来よりも浸透し、男女間の不平等な処罰問題は減少しています。しかし、少数ではありますが女性だけが不当な処分を受けているケースもあるので、そうなった場合は自身の権利を主張すべきです。

それでも好きなら

社内恋愛をする場合は周囲の人にばれないようにすることが得策です。正当な評価や情報漏洩などは個人で厳守する必要はありますが、関係がばれなければ企業側が疎ましく思うことはありません。仕事とプライベートをきっちり分けることを心掛けましょう。社内恋愛には、覚悟とメリハリが必要だと言えます。覚悟とメリハリがなければ企業や周囲の人に迷惑をかけてしまうかもしれません。本当に信頼できる同僚などには関係を明かしても良いかもしれませんが、複数の人に公言するのはオススメできません。
転職するというのも1つの方法です。どちらかが転職して別の会社へ行けば、企業や周囲の人々を気にすることなく自由に行動できます。周囲を気にしながら社内恋愛を続けるよりも、転職して精神的にも楽に関係を続ける方が良いこともあります。相手としっかり話し合った上で決めるべき手段です。
最も良い方法としては結婚を決断し、寿退社することです。その段階に至っていなければ選択できない方法ですが、社内恋愛から解放される1つの方法ではあります。社内恋愛をする人は結婚というゴールインまで真剣交際する覚悟が必要と言えます。これまでも述べているように、生半可な気持ちでは相手にも企業にも迷惑をかける恐れがあります。寿退社をすれば気兼ねなく周囲に公言でき、企業から円満退社という良い関係のまま去ることができます。

社内恋愛まとめ

男女の関係というナイーブな社内恋愛においてトラブルが起こる可能性があるという点は紛れもない事実です。トラブルを未然に防ぐため、社内恋愛を禁止している企業もあります。決して社員同士の恋愛を嫌っているわけではありません。トラブルさえ起こさなければ社員同士の交際や結婚は、社員のプライベートを充実させる素晴らしい状態です。プライベートが充実すれば、仕事が捗る可能性もあります。社内恋愛をする場合は周囲にばれないように結婚というゴールインまで関係を続ける覚悟が必要と言えます。また、別れてしまった場合も職場では今までと変わらぬ関係を続けることも大切です。社内恋愛をするなら仕事とプライベートをどちらも充実させるために、覚悟を決めて気を付けながら行いましょう。



どうして社内恋愛は禁止なのか?